読めない漢字

「拝謁」ってどう読むの…?社会人なら知っておきたい《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.2.26

普段使っている言葉の中には、漢字になるとまったく読めなくなるものもたくさんありますよね。今回はそんな漢字の中から社会人なら読めるようにしておきたい漢字をご紹介していきますよ♡

(1)「拝謁」

「拝謁」という漢字、見たことはありますか?この言葉はみなさんもきっと聞いたことがある言葉ですよ…!さて、一体なんて読むでしょうか。「拝謁」という言葉は「はいえつ」と読みます。君主などの高貴な人に会うことを指していますが、簡単に説明すると天皇皇后両陛下などにお会いすることをいいます。とてもかしこまった言葉ですが、社会人になると耳にする機会も増えてくるのでしっかりと覚えておいてくださいね。

(2)「疼痛」

「疼痛」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は見た目からも痛そうですが、その通り!痛みを表す言葉です。さて、一体なんて読むのでしょうか。正解は「とうつう」でした。「疼痛」とは痛みを表す医学用語で、病名などで度々見ることがあります。この漢字は大人になると見かける機会も多くなります。もし自分が疼痛に襲われてもお医者さんに説明できるように覚えておきましょう。

(3)「燐寸」

「燐寸」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は「りんすん」ではありませんよ。みなさんもきっと学生の頃、実験などで使ったのではないでしょうか…!一体なんのことを指しているのか分かりましたか?正解は「マッチ」でした。マッチは軸木に頭薬がついていて、これがこすれることで発火しますよね。

(4)「行脚」

「行脚」という漢字はなんて読むか分かりますか?「行脚」という漢字は「あんぎゃ」と読みます。これはあまり聞いたことがないという人も多いのではないでしょうか。「行脚」とは仏教などの僧侶が修行のために国をめぐることを指しています。一般の人が徒歩で旅行などをするときにも使うことができる言葉ですよ。これも耳にする機会があるかもしれないので覚えておきたい言葉です。

社会人は読めないとまずい…!

今回紹介した漢字は社会人なら読めるようにしておきたいものばかり…!正しく読むことができなかった漢字は、ぜひ覚えてみてくださいね。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事