読めない漢字

弟子屈って何…?読めたらスゴイ!《地名の難読漢字》4選

[記事公開日]2021.2.22

日本の地名にはたくさんの漢字が使われていますよね♪そんな地名の中には、住んでいる人しか読めないような難しいものも…。今回は難読地名をご紹介していくので、正しく読めるかチェックしてみてくださいね♡

(1)「弟子屈」

「弟子屈」という地名はなんと読むか分かりますか?この地名は北海道にありますよ♪北海道にはアイヌ語に起因する地名がたくさんあることから、住んでいる人以外は読めないものも多いですよね…!実はこの地名もアイヌ語に影響されているものなんです♡正解は「てしかが」と読みますよ。「テシカ」はアイヌ語で「岩磐」「ガ」は「上」という意味なんだとか。

(2)「美祢」

「美祢」という地名はなんと読むか分かりますか?この漢字は難読地名の中でも比較的読みやすいものなのではないでしょうか♡この地名は山口県にあり、「みね」と読みますよ。美祢市は山口県の中央部にあり、観光スポットとしても知られている地なんです。中には訪れたことがある!なんて人もいるのではないでしょうか。

(3)「今帰仁」

「今帰仁」という地名はなんと読むか分かりますか?この地名は沖縄県にあるもの。沖縄県にも難しい地名がたくさんありますよね…!実はこの地域、沖縄でも知る人ぞ知る秘境なんです。正解は「なきじん」でした…!なんとなく聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。「今帰仁」は那覇市から90分ほどの場所にあり、「今帰仁城跡」を見ることもできますよ。

(4)「久万高原」

「久万高原」という地名はなんと読むか分かりますか?この地名は意外と聞いたことがあるはずですよ…!自然が豊かな場所です。「久万高原」という地名は「くまこうげん」と読みます。「久万高原」は愛媛県にある地名ですよ。スキーや山登りをしている人なら知っているのではないでしょうか。

日本の地名、難しすぎる…!

日本には難しい地名がたくさんあることが分かりましたね…!あなたが生まれ育った町も、実は難読地名かもしれませんよ♡

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事