戻入という漢字

戻入って何…?読めそうで読めない《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.2.17

日本語にはたくさんの言葉がありますが、その中にはたくさんの漢字も使われていますよね。今回はそんな漢字の中でも読めそうで読めないものをピックアップ。正しく読める言葉があるかチェックしてみてくださいね。

(1)「戻入」

「戻入」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字「戻る(もどる)」と「入る(はいる)」がくっついていますが、あわせて読むとしても「もどにゅう」になってしまいますよね。しかし、そんな読み方ではありません…!この漢字は「れいにゅう」と読みますよ。「戻入」とはどんな意味かというと「もとに戻し入れること」なんです。漢字それぞれが表している意味通りでしたが、読みはとっても難しかったですよね…!

(2)「鮒」

「鮒」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字、実はある魚の名前を表しているんです。一体その魚はなんでしょうか…!分かりましたか?正解は「ふな」でした!「ふな」はコイ目の魚で、ユーラシア大陸に多く分布しているんだとか。フナにも種類がいくつかあり、「ギンブナ」「ゲンゴロウブナ」「ニゴロブナ」などがあるんですよ。

(3)「凸む」

「凸む」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字、「凹凸(おうとつ)」に使われている漢字ですが、「とつむ」ではありませんよ…!では一体なんて読むのでしょうか。正解は「つばくむ」でした。「凸む」とは「突出する」「凹凸がある」などの意味合いになっているんです。「凸凹」も一見記号のように見えますが、実はきちんとした漢字なんですよ!

(4)「貍」

「貍」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字、実は私たちも見たことがある動物の名前なんです。さて、その動物とは何でしょうか…!街中にも出没することがありますよ。分かりましたか?正解は「たぬき」でした。もふもふとしていて見た目もとってもかわいいタヌキですが見かけても触れあったりしてはいけませんよ!

難読漢字、いくつ読めた?

今回紹介した4つの漢字、あなたはいくつ読むことができましたか?どの漢字が表すものも使ったことがあったり、知っている物の漢字でしたよね。難読漢字もぜひ読めるように覚えてみてくださいね…!

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事