「怖々」=「こわごわ」…?意外と読めない《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.2.18

日本語に使われている漢字の中には、馴染みのないものもたくさんありますよね。一方で馴染みがある漢字でも、送り仮名や組み合わせが変わるとまったく読めないことも。そこで今回は身近な漢字の中でも意外と読めないものをピックアップしてご紹介しますよ♡

(1)「喧々」

「喧々」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字は四字熟語に使われているものなんです。その四字熟語とは「喧々囂々」ですよ…!もっとわからなくなってしまいましたよね。この漢字はなんと読むかというと「けんけん」でした!「喧々囂々」は「けんけんごうごう」と読みますよ。喧々囂々とは大勢の人がやかましく騒ぎ立てることを意味しています。あまり知られていない四字熟語ですが、ニュースなどでも耳にすることがありますよ。知らなかった人はぜひ覚えてみてくださいね。

(2)「怖々」

「怖々」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字「こわごわ」と読んだ人もいるのではないでしょうか。もちろんその読み方も正解。しかしまったく違う読み方もあるんです…!それはなんだと思いますか?正解は「おずおず」でした。「怖々」とはどんな意味かというと「怖がってためらうこと」です。意味は漢字が表しているものと変わりはありませんでしたね。そんな難読漢字ですが、まわりが「こわごわ」と読んでいるところで「おずおず」と読むことができればハナタカさんになれちゃいますね。

(3)「種々」

「種々」という漢字はなんと読むか分かりますか?この漢字は「しゅしゅ」とも読みますが、ほかにも読み方があるんです。ではなんと読むのでしょうか。正解は「くさぐさ」でした。「種々」とは品目がいろいろあることなどを指していますよ。「種類」に使われている漢字なので、同じような意味合いで覚えやすいですよね。

(4)「度々」

「度々」という漢字は読むことができる人が多いのではないでしょうか。これは「たびたび」ですよね。「度々」は社会人なら絶対に覚えておきたい言葉です…!意味は「同じことが何度も繰り返されるようす」ですよ。

漢字って奥が深い…!

どんなに身近な漢字でも形が変わると、まったく読むことができませんよね…!まだまだ難読漢字はたくさんあるので、気になった人はぜひ調べてみてくださいね。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事