読めない漢字

「一入」ってなんて読む?意外な読み方の《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.2.12

「一入」という漢字を見たことはありますか?実はこれ、意外な読み方をする難読漢字なんです。今回はこの「一入」のように難しい読み方をする漢字を4つご紹介していきますよ…!

(1)「一入」

冒頭でもご紹介した「一入」という漢字、なんと読むか予想できましたか?この漢字「いちいり」「ひといり」ではありませんよ。みなさんもきっと聞いたことがあるはずです。「一入」という漢字は「ひとしお」と読みます。「喜びもひとしお」などと使われることが多いですよね。「より一層」などの意味合いで使われている言葉です。こんな漢字で表すことができるなんて知っていましたか?

(2)「戦ぐ」

「戦ぐ」という漢字はなんと読むでしょうか。この漢字は「たたぐ」ではありませんよ…!これもきっと聞いたことがある言葉です。「戦ぐ」という漢字の読み方は「そよぐ」でした。「そよぐ」とはそよそよと音を立てることを意味していますよね。意外と身近な言葉でしたが、漢字も「戦う」という意外な表現でしたね!

(3)「泥む」

「泥む」という漢字はなんと読むか分かりますか?これは「どろむ」ではありませんよ。「泥む」という漢字は「なずむ」でした。「なずむ」とは「そのことに心がとらわれる」「はかどらない」などの意味があります。この言葉も聞いたことはあるけど漢字でどう表すのかは知らなかった!という人が多いのではないでしょうか。

(4)「希う」

「希う」という漢字は、なんと読むか分かりますか?この漢字は「こいねがう」と読みますよ。強く願い望む、切に望むなどの意味がありますよ。この言葉も意外と身近でしたが、漢字になるとまったく分かりませんよね…!読めるようにしておくとなにかで役に立つかもしれませんよ♡

意外な読み方の難読漢字ばかり…!

今回紹介した漢字はどれも意外な読み方をするものばかりでしたね。どれも難しいですが、意外と目にすることがあるので読めるようにしておくのがおすすめ。頑張って覚えてみてくださいね…!

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事