読めない漢字

西瓜って何て読む…?読めそうで読めない《食べ物の難読漢字》4選

[記事公開日]2021.2.09

漢字の中には生活に身近なものもあればまったく分からないものもありますよね。今回はそんな漢字の中でも読めそうで読めない食べ物の難読漢字をご紹介していきますよ♡

(1)「西瓜」

「西瓜」という漢字、なんて読むか分かりますか?「瓜」という漢字が「うり」と分かっていても、「にしうり」という食べ物はありませんよね。ではこの漢字、なんて読むのが正しいのでしょうか。「西瓜」という漢字、なんて読むかというと「すいか」でした…!スイカはカタカナで表されることがほとんどですが、漢字で表記されることもしばしば。なので読めなかった人はきちんと読めるようにしてみてくださいね。

(2)「粽」

「粽」という漢字はなんて読むか分かりますか?実はこれ、子どもの日に食べられている物なんですよ…!なんだか分かりましたか?正解は「ちまき」でした。ちまきはもともと中国から伝わったものなんですよ。ササやイグサを使って食べますが、地域によって食べ方やその姿はさまざまなんです。あなたが住んでいる地域はどうやって食べていますか?

(3)「雲呑」

「雲呑」という漢字はなんて読むか分かりますか?実はこれ「わんたん」と読むんです。ワンタンはみなさん食べたことがありますよね。ワンタンは中国から伝わったものですが、中でも広東と広西では「雲呑」、四川などでは「抄手」といわれていたんです。複数の漢字表記があるので分かりにくいですが、覚えてみてくださいね…!

(4)「薯蕷」

「薯蕷」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字はネバネバ丼には必ずと言っていいほど入っている食材ですよ…!なんだか分かりましたか?正解は「とろろ」でした。とろろもこんなに難しい漢字で表すことができるんです。ご飯やうどんにかけて食べると絶品ですよね♡山芋や長芋、ヤマトイモなどいろいろありますが、どのとろろが好きですか?

読めそうで読めない漢字、覚えておいて!

どの漢字も読めそうで読めないものばかり!とっても難しいですが普段から食べている食品の漢字は読めるようにしておきたいですね♡難読漢字はまだまだあるので気になった人は調べてみてくださいね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事