読めない漢字

詐取って何…?読めた方がいい《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.2.09

「詐取」という漢字、なんて読むか分かりますか?この漢字、あまり見かけなくて読み方もよく分かりませんよね。今回はこの「詐取」のような難読漢字をご紹介。意外と読めるようにしておきたいものばかりなので読めるかチェックしてみてくださいね…!

(1)「詐取」

「詐取」という漢字、なんて読むか分かりますか?実はこれ、意外と使われている言葉でもあるんです。さて、なんて読むでしょうか。正解は「さしゅ」でした。「詐取」とはお金や物などをだまし取ることを意味していますよ。ニュースなどでもよく使われている言葉なので、正しく読めるようにしておかないと恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません…!読むことができなかった人はこれを機に覚えちゃいましょう。

(2)「刹那」

「刹那」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は意外と読める人が多いのではないでしょうか。なんだか分かりましたか?正解は「せつな」でした。「刹那」とは時間の中でもとくに短い時間のことを指しています。刹那的なんて言葉もありますが、これは「今この瞬間を充実させて生きる」などの意味合いで使われています。歌詞などでもよく出てくるので覚えておきたいですね。

(3)「逐次」

「逐次」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は「順次(じゅんじ)」などと同じ意味合いになります。さて、なんだか分かりましたか?正解は「ちくじ」でした。意味はもう説明しましたが、順を追って次々になにかをすることを指しています。ビジネスシーンでも使われるので覚えておきましょう…!

(4)「落款」

「落款」という漢字はなんて読むか分かりますか?これは「らっかん」と読みます。「落款」とは書画などを作ったときに記名したり、詩文などを書き付けることを指しています。簡単に言うと、作品が完成したときにする、作者のサインのことなんです…!これもできれば覚えておきたい言葉ですね。

どの漢字も読めるようにしておきたい…!

どの漢字も正しく読めるようにしておきたいものばかりですよ…!とっても難しいですが、恥ずかしい思いをしないためにも頑張って覚えてみてくださいね。難読漢字はまだまだほかにもあるので気になった人は調べてみてください♡

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事