難しい漢字復習う

読めたらかっこいい!「復習う」簡単そうで読めない《大人の難読漢字》

[記事公開日]2021.1.21

「復習う」って何と読むと思いますか?「復習」は普段からよく使う言葉ですが、「う」と送り仮名がつくとちょっと読みにくくなりますよね…。今回はこの「復習う」のような簡単そうで読めない難読漢字をご紹介していきます!

復習う

では、「復習う」という漢字はなんと読むでしょうか。「復習」という見慣れた漢字が使われていますが、もちろん「ふくしゅうう」ではありませんよ…!「復習う」という漢字、正解は「さらう」と読みます。まったく漢字からは想像できませんよね…!この漢字の意味は「教えられたことを繰り返し練習する」となっています。なんと「復習」と同じ意味なんです…!

青椒肉絲

「青椒肉絲」は何と読むか分かりますか?これは「チンジャオロース」でした♡ピーマンとタケノコの千切り、そしてお肉を使った料理です。この「青椒肉絲」に使うお肉は豚肉なのか牛肉なのか議論されることも多いですが、正確に言うと、「青椒肉絲」は豚肉、牛の場合は「青椒牛肉絲」という表記になります。

苛まれる

「苛まれる」はなんと読むか分かりますか?この漢字は「さいなまれる」と読みます。すんなりと読めそうな漢字ですが意外と正しく読める人は少ないんです…!「苛まれる」とは「苦しめられること」などを意味していますよね。会話ではよく使っているという方が多いのではないでしょうか。そして、この言葉は「さいなまされる」という使い方は間違っているので注意しましょう!

総総

「総総」という漢字はなんと読むと思いますか?この漢字「そうそう」ではありませんよ…!ではほかにどんな読み方があるのでしょうか。正解は「ふさふさ」でした!ひらがなで目にすることがほとんどのこの言葉ですが、漢字表記もあったなんて驚きですよね。「ふさふさした髪」などの「ふさふさ」に使うことができます。

あなたはいくつ読めましたか?

簡単そうで読めない難読漢字を4つほどご紹介しました!よく使う文字でも、漢字同士で組み合わさったり、送り仮名がついたりすると読みにくくなる漢字があります。この機会にいろいろな難読漢字を勉強して、かっこいい大人になっちゃいましょう!

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事