「区区」ってなんて読む?意外と読めない《難読漢字》4選

[記事公開日]2021.1.15

漢字はいろいろありますが、私たちが日常生活で使っている字でもちょっと変わると読めなくなることも少なくありません。今回はそんな不思議な漢字をご紹介していきますよ♪

(1)「殆」

「殆」という漢字、なんて読むか分かりますか?この漢字は「殆ど(ほとんど)」でよく使われている漢字ですが、送り仮名がなくなっても「ほとん」なんて読み方にはなりません。ではなんて読むのでしょうか…!正解は「ほとほと」でした。意味は「ほとんど」「おおかた」などになります。「殆ど」と意味もまったく同じですが、送り仮名がないだけで読み方が変わるので注意してくださいね…!

(2)「厭き厭き」

「厭き厭き」はなんて読むか分かりますか?この漢字は日常生活の中でもよく使われている言葉ですよ…!さて、なんだか分かりましたか?正解は「あきあき」でした。「あきること」という意味がありますよ。よく「飽きる」と言いますが、それと同じ意味なんです。こんなに難しい漢字の表現、見たことはありますか?実は「飽きる」以外にも「倦きる」という表現があるんです。

(3)「区区」

「区区」はなんて読むか分かりますか?この漢字は「くく」と読むこともできますが、他の読み方もあります…!みなさんの生活の中でも身近な漢字ですが、意外と知られていない読み方もあるんです。正解は「まちまち」でした。「まちまち」という言葉はみなさんも知っての通り、「まとまりがないさま」を表していますよね。漢字クイズなどで見ることがあるので覚えておくといいかもしれませんよ♡

(4)「漸く」

「漸く」はなんて読むか分かりますか?この漢字は会話でもよく耳にするものですよ。実はこれ、「ようやく」と読みます。漢字で表記されることが多いですが、読める人はごくわずか。とっても難しい漢字なんです…!「やっと」「かろうじて」などの意味があります。漢字は覚えておかないとビジネスシーンなどで恥ずかしい思いをするかも。

どれも難しくて読めない…!

どの漢字も生活に身近なものであることが分かりましたが、どれもとっても難しかったですよね…!読めなかったものはこれを機に覚えてみてくださいね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事