難しい漢字適宜

「適宜」って何…?読めそうで読めない《難読漢字》4選

[記事公開日]2020.12.28

日本語はとっても難しいと言われていますが、漢字もとにかく難しいですよね…!今回はそんな漢字の中から、読めたらすごい漢字をご紹介していきますよ♪

(1)「適宜」

「適宜」という漢字、何と読むか知っていますか?実はこの言葉、私たちも身近に使っていたり耳にすることもある言葉なんです…!なんとなくこれかな?と思った言葉は見つかりましたか?「適宜」という漢字は、「てきぎ」と読むんです…!どうでしょう、聞いたことありますよね!「適宜」とは「各自がいいと思うときにすること」などを意味しています。「適宜休憩をとってください」などと使いますよね♪

(2)「生憎」

「生憎」という漢字は何と読むと思いますか?この漢字、「あいぞう」と読んだ方も多いのではないでしょうか。しかし、「あいぞう」は「愛憎」と書くので、この場合は間違っています…!この漢字は、「あいにく」と読みますよ。よくビジネスシーンでも耳にすることがありますよね。漢字を使うことはあまりありませんが、読めるようにしておくといいかも。

(3)「遊説」

「遊説」という漢字は何と読むでしょうか。この漢字は、「ゆうぜい」と読みますよ♪意外と見たことがあっても読むことができませんよね。「遊説」とは「意見などを各地に説いてまわること」を意味しています。これは政治業界などでよく使われる言葉ですよね。「えんぜつ」のようにこの漢字も「ゆうぜつ」と読んでしまいたくなりますが、違うので注意してくださいね…!

(4)「釣果」

「釣果」はどんな読み方をする漢字だと思いますか?この漢字は「ちょうか」といって釣りの成果のことを意味しています。つまり、釣れた魚がどんなものだったのかを知りたいときに使う言葉ですね。釣りをしたことがない女性だとあまり馴染みがないですよね。

どの漢字も読めたらすごい♡

今回紹介した漢字、読めたものはありましたか?どれも難しい漢字ですが、読めると一目置かれる存在になれるかもしれませんよ♡賢くなりたい女性は、今回紹介した4つの漢字をぜひ覚えてみてくださいね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事