読めない漢字

「剰え」ってなに…?意外と読めない《難読漢字》4選

[記事公開日]2020.12.24

「剰え」という漢字、なんて読むか分かりますか?この漢字は読めそうだけど読みかたが分からない!なんて方が多いのではないでしょうか。今回はこの「剰え」のような意外と読めない漢字をご紹介していきます。

(1)「肖る」

まずご紹介するのは「肖る」という漢字、この漢字はなんて読むか分かりますか?この「肖る」という言葉、日本人なら一度は聞いたことがあるであろう言葉ですよ♪なんだか分かりましたか?正解は「あやかる」でした。「肖る」の意味は「感化されて同じ状態になる」「ふつう・よい状態になる」となっています。「あやかる」という言葉は意外と日常の中でも耳にするものの、漢字を目にする機会はほとんどありませんよね。

(2)「予め」

「予め」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字は読める!という方も多いのではないでしょうか。これは「あらかじめ」と読みます。「あらかじめ」も会話の中や文書などで目にすることがありますが、漢字になじみがないという方もいますよね。ビジネスシーンなどでも目にすることがあるので、知らなかった方は覚えておくといいかもしれませんよ。

(3)「剰え」

「剰え」という漢字は見たことはありますか?この漢字は見たことも聞いたこともない!という方が多いかもしれません。「剰え」という漢字は「あまつさえ」と読みますよ。もともとは「あまっさへ」という言葉でしたが、これがだんだんと「あまつさえ」に変化していきました。意味は「別のものごとや状況がさらに加わるようす」となっています。悪いことが重なったときなどに使われることが多いですよ。

(4)「如何」

「如何」という漢字はなんて読むか分かりますか?この漢字もビジネスシーンで使われることが多いですよ。正解はなにかというと、「いかが」でした。「いかがでしょうか?」などというときに使うものですね。「いかん」とも読むことができますよ。

意外と読めない難読漢字、読めるようにしちゃお♡

今回紹介した漢字は、どれも意外と読むことができない漢字になっていましたね♪ビジネスシーンで目にすることもある漢字もあるので、読めなかったものはこれを機に覚えちゃいましょう…!

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事