読めない漢字

「野点」=「のてん」…?読めそうで読めない《難読漢字》4選

[記事公開日]2020.12.17

「野点」という漢字、何と読むか分かりますか?これは知っている人と知らない人がハッキリと別れる言葉ではないでしょうか。今回はこの「野点」のように、読めそうで読めない漢字を紹介していきますよ。

「霙」ってなんて読むの?

「霙」という漢字、何て読むか分かりますか?この漢字は見たことがないという方もいるのではないでしょうか。なんだか分かりましたか?正解は「みぞれ」ですよ♪霙とは雪が空中で溶けて、雨のようになって降るもののことを意味していますよね。さらにかき氷に蜜をかけたものも「霙」というんですよ♪知っていましたか?

「雲母」ってなんて読むの?

「雲母」という漢字、何と読むか分かりますか?この漢字は読める人とそうでない人に分かれる言葉ですよ♪正解は「うんも」でした。「くもはは」だなんて読んでしまわないようにしっかりと覚えておきましょう。「雲母」とはカリウムを主成分としている珪酸塩鉱物のグループのこと。光沢が強く、国内では「きらら」と呼ばれていたんだとか。

「牛車」ってなんて読むの?

「牛車」という漢字、何て読むか分かりますか?「ぎゅうしゃ」だと思っている方も多いかもしれませんが、「ぎゅうしゃ」以外にも「ぎっしゃ」と読むことができます。ぎっしゃとは、牛や水牛にけん引してもらっている車のことですよ。

「野点」ってなんて読むの?

「野点」という漢字、何と読むか分かりますか?これは知っている人と知らない人がハッキリと別れる言葉ではないでしょうか。この漢字は「のだて」と読みます。お茶を「点てる」と言いますよね。これに「野」がくっついているということは、どんなことを意味しているでしょうか。そう、「屋外でお茶を楽しむこと」という意味になりますよ♡

読めそうで読めない漢字はきちんと読めるようになっちゃおう♡

読めそうで読めない漢字、どれも難しいものばかりでしたね…!読めなかった漢字があった方は、これを機に頭の中に入れてさらに賢くなっちゃいましょう♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事