読めない漢字

「愛しい」は「いとしい」以外の読み方がある?!意外な読み方の《難読漢字》4選

[記事公開日]2020.12.14

「愛しい」という漢字、多くの人は「いとしい」と読むのではないでしょうか。しかし「愛しい」にはほかの読み方もあるんですよ…!今回はそんな意外な読み方をする漢字を4つご紹介していきます♡

「須らく」

「須らく」という漢字はなどと読んでしまった人もいるのではないでしょうか。しかし、この漢字には想像もできないような読み方があるんですよ…!何だか分かりますか?正解は「すべからく」です。「すべからく」とは、「当然」「なすべきこと」などの意味がありますよ。「須らく勉強に取り組むべき」などと使ったりします。日常会話ではあまり使うことはありませんが知っておくといいかも♡

「尽く」

「尽く」という漢字は「つく」と読むことが多いと思いますが、こちらも違う読み方が存在しています。何だか分かりますか?この漢字は「ことごとく」とも読むんです。「ことごとく」の意味はなんとなく分かりますよね。「残らず」「すべて」などの意味合いがあります。「予想がことごとく外れてしまった」というような使い方をします。ことごとくはほかにも「悉く・盡く・咸く・畢く」などの漢字で表すことができるんですよ♪

「集く」

「集く」という漢字は何と読むと思いますか?「集う」の場合は「つどう」になりますが、「集く」になると「すだく」と読みます。「集く」は「群れをつくって集まる」「群がる」などの意味があり、「集う」と同じような意味で使われますよ♪「しゅうく」とは読まないので気を付けてくださいね…!

「愛しい」

冒頭でもお伝えした「愛しい」という漢字、「いとしい」以外にどんな読み方をすると思いますか?実はこの漢字「かなしい」と読みます。「いとしい」とも「かなしい」とも読むなんて、なんだか奥が深い漢字ですよね。「愛しい」と書いて「かなしい」と読む使い方は、とっても古くから日本で使われていました。切ないほどに大切でかわいいという意味になるんですよ♪

意外な読み方の漢字、読めた?

今回は意外な読み方をする漢字をご紹介しました。どれも難しいですが、知っておくと役に立つこともあるので読めなかった漢字は覚えてみてくださいね♡

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

「疎い」「生飯」「準える」…読めそうで読めない漢字10選

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事