読めない漢字

「型録」って何て読む…?読めたらスゴイ!《難読漢字》3選

[記事公開日]2020.12.04

「型録」という漢字、みなさんは見たことがありますか?今回はこの「型録」をはじめとした、読めたらすごい難読漢字を紹介していきます。どれが読めてどれが読めないのか確認してみてくださいね。

「型録」

「型録」という漢字、みなさんは見たことがありますか?この漢字の読み方のヒントは、目録や案内書を意味する言葉ですよ。なんだか分かりましたか?正解は、「カタログ」でした。「型録」はカタカナで表されることがほとんどなので、漢字を目にする機会はありませんよね。しかし、意外と漢字が使われていることもあるので、読めなかった方は頭の片隅にでも覚えておくといいかもしれませんよ♪

「珈琲」

「珈琲」という漢字、これはみなさんの中でも読める方が多い漢字なのではないでしょうか。これは、大人の飲み物「コーヒー」ですよね♪コーヒーは「コーヒーノキ」と呼ばれる木の種子から作られており、花は白く、実は赤い色をしています。主に南緯25度から北緯25度の範囲で栽培されているんだとか。コーヒーの実は先ほど紹介したように、赤色をしています。このことから「コーヒーチェリー」という呼ばれ方をしているんですよ♡

「鬱金香」

「鬱金香」はなんと読むか分かりますか?これは春に花を咲かせる植物のことを表していますよ♡正解は「うっこんこう(チューリップ)」と読みます。かわいらしいチューリップを表しているとは思えない漢字ですよね。中近東では「ラーレ」と呼ばれているんですよ♪チューリップは多くの人が好きなお花でもありますよね♡

読めたらすごい難読漢字、どれが読めた?

今回紹介した漢字は、意外と身近なものが多かったですが読むことはできましたか?もしも読めない漢字があった方は、これをきっかけに読めるようにしちゃいましょう♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事