読めない漢字

「約定」ってなんて読む…?読めそうで読めない《難読漢字》4選

[記事公開日]2020.12.01

みなさんは、「約定」の読み方がわかりますか?漢字には、日常では見かけないものや知っていても難しい読み方のものが多いですよね♪今回は、読めそうで読めない難読漢字を4つ集めました!読める漢字があるかどうか、トライしてみてください。

(1)「約定」

「約定」は、「やくじょう」と読むのが正解です!「約定(やくじょう)」は、”約束をして決めること”、”取り決めを結ぶこと”、”契約”という意味があります。一般的に「約定(やくじょう)」と言えば、金融用語として用いられます。金融取引において、売買が成立することを「約定(やくじょう)」と言うんです♪取引が成立した日のことを「約定日」、取引で決まった金額のことを「約定値段」や「約定価格」などのように言います。

(2)「夫々」

「夫々」は、「それぞれ」と読むのが正解です!「夫」という漢字は、「おっと」や「ふ」と読むことがほとんどですよね。「夫々(それぞれ)」の意味は、みなさんも知るとおり”ふたつ以上の物ごとや人のひとつひとつ”のことです。「夫々(それぞれ)」以外に、「其々」という漢字表記もあります。また、「夫々」と「其々」はどちらも、「夫夫」と「其其」のように漢字を略さずに書くこともできます。

(3)「鬼灯」

「鬼灯」は、「ほおずき」と読むのが正解です!提灯のような朱色の実が特徴的な植物で、和食での飾り付けとして使用されることもあります。絵画などでも描かれることが多く、観賞用として人から愛されている植物です。「鬼灯(ほおずき)」は、「酸漿」や「鬼燈」と書くこともでき、どちらも「ほおずき」と読むことができます。

(4)「泥む」

「泥む」は、「なずむ」と読むのが正解です!「泥」という漢字は「どろ」と読むことがほとんどなので、「どろむ」と読んでしまいそうになりますね。「泥む(なずむ)」には、”あることが気になり心がとらわれる”、”とどこおる、はかどらない”という意味があります。「泥む」のほかに、「滞む」と書いて「なずむ」と読むこともできます。

読める漢字はありましたか?

難読漢字ばかりを集めたので、今回ご紹介した漢字を読むことができたあなたはスゴイです♪読み方がわからなかったあなたも、これを機に意味とセットで覚えてみてくださいね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事