難しい漢字蓋然性

「蓋然性」ってなんて読む?見たことあるけど読めない《読み方と意味》

[記事公開日]2020.11.13

「蓋然性」という漢字、見たことはありますか?見たことある!なんて方でも、実際に読むとなると難しいのではないでしょうか。今回はこの「蓋然性」のように、見たことがあるけど読めない漢字をご紹介していきますよ♡

「月極」ってなんて読むの?

「月極」という漢字、何と読むか分かりますか?駐車場の看板などに書いてあるのを見ることが多いのではないでしょうか。この漢字は「つきぎめ」と読みますよ…!「げっきょく」と読んでいた方もいるのではないでしょうか。この場合の「極」は「決める」と同じ意味を持っています。つまり、「月ごとの契約であること」を意味していますね。

「蓋然性」ってなんて読むの?

冒頭でも紹介した「蓋然性」という漢字、何と読むか分かりましたか?これは「がいぜんせい」と読みます。聞いたことはありましたか?「蓋然性」とは、その事柄が起こるのか起こらないのかということに対しての度合いを表しています。簡単に説明すると、「可能性」と同じような使い方をしますよ♪

「錯誤」ってなんて読むの?

「錯誤」という漢字、何と読むか分かりますか?この漢字もよく目にするけど読み方は分からない!という方が多いのではないでしょうか。この漢字は、「さくご」と読みますよ。「錯誤」は「試行錯誤」という熟語でよく使われていますよね。「錯誤」のみだと、意味は「あやまり」「間違い」などとなります。「試行錯誤」はあやまりや失敗を繰り返しながら適切な方法を探すという意味なんですね。

「推敲」ってなんて読むの?

「推敲」という漢字、何と読むか分かりますか?これも見たことはあるけど、なかなか読めないですよね。この漢字は「すいこう」と読みます。「推敲」とは詩や文章を何度も考え、作り直すことを意味しています。読めなかった方は、これを機に頭に入れておくといいですよ♡

見たことあるけど読めない漢字、意外とある…!

今回紹介した漢字、いくつ読むことができましたか?どれも目にすることが多い漢字なので、読めなかった漢字はこれをきっかけに頭に入れちゃいましょう♪きっと何かの機会で知識を披露することができますよ。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事