難しい漢字希う

「希う」=「きう」じゃない…?読めそうで読めない《難読漢字》4選

[記事公開日]2020.11.10

「希う」という漢字、何と読むか分かりますか?この漢字、普通に読んだら「きう」になりそうですよね。しかし「きう」ではないんです!今回はこの「希う」のように読むのが難しい漢字をご紹介していきますよ♡

「希う」ってなんて読むの?

「希う」という漢字、何と読むか分かりますか?簡単そうに見えますが、実はとっても難しい読み方をする漢字なんです♡「希う」という漢字の読み方は「こいねがう」となります。「こいねがう」とは、「強く願っている」「切に願う」という意味の漢字です。「希望」という漢字と同じような意味だと覚えておくと分かりやすいかもしれませんね♪

「集る」ってなんて読むの?

「集る」という漢字、何と読むか分かりますか?「集まる」とは違い「ま」が抜けるとまったく違う読み方になりますよ…!何だか分かりましたか?この漢字は、「たかる」と読みます。集るは「ひとつのところに集まる」「群がる」などの意味になりますよね。意味は分かる方が多いと思いますが、「あつまる」とは読まないので注意しましょう♪

「屯する」ってなんて読むの?

「屯する」という漢字、何と読むか分かりますか?この言葉は、普段の会話でよく使うという方もいるかもしれません。何だか分かりましたか?正解は「たむろする」です。この言葉も「集まる」などと同じ意味合いで使われますが、批判的な意味で使われやすい言葉になっています。

「挙って」ってなんて読むの?

「挙って」という漢字、何と読むか分かりますか?これも会話ではよく使われる言葉になっています。なんとなく分かった方もいますよね。「挙って」は「こぞって」と読みますよ…!「挙って」という漢字は「みんな」や「残らず」などの意味があります。みんながひとつのことに注目しているときは「こぞって見ている」などと言いますよね♡

読めそうで読めない漢字も読めたらかっこいい♡

今回紹介した4つの漢字の中で読めたものはありましたか?もし読めない漢字があった方は、これを機にしっかりと頭の中に入れちゃいましょう♡いざというときに役に立つかもしれませんよ♪

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事