読めない漢字

「素封家」ってどんな人?社会人なら知っておきたい《意外と読めない難読漢字》

[記事公開日]2020.11.09

「素封家」という漢字、何と読むか分かりますか?なんだかとっても難しい読み方をしそうな漢字ですよね。実はこれ、社会人になると使うことがあるかもしれない漢字なんです…!今回はそんな難読漢字をご紹介していきますよ♡

「不易」ってなんて読むの?

「不易」という漢字、何と読むか分かりますか?この漢字は、「ふやす」ではありませんよ!正解は「ふえき」でした。分かっていた方はさすがです♪「不易」という言葉は、「いつまでも変わらないもの」という意味になります。ビジネスシーンでは「不易流行」という言葉で使われることも多く、これは「永遠に変わらないことを忘れず、新しいことも取り入れること」という意味になります。

「統べる」ってなんて読むの?

「統べる」という漢字、何と読むか分かりますか?これも読めそうですが、何と読むかと聞かれると答えることができない方は多いのではないでしょうか。これは「すべる」という読み方をする漢字で、意味は「全体をひとつにくくる」「まとめる」などとなっています。

「悼む」ってなんて読むの?

「悼む」という漢字、何と読むか分かりますか?これは意外と使ったことがある方や、読み方を知っているという方も多いのではないでしょうか。「悼む」という漢字の読み方は「いたむ」ですよね♪これは「人の死を悲しむ」という意味で使われます。ビジネスシーンではもちろんのこと、それ以外でも使う機会があるので覚えておきましょう。

「素封家」ってなんて読むの?

冒頭でも紹介した「素封家」という漢字、何と読むか分かりましたか?この漢字は「そほうか」と読みます。聞いたことがないという方もいますよね。「素封家」は簡単に言うと「お金持ち」や「財産家」のことを指しています。この言葉はもともと「社会的な地位はないがお金や土地を所有している」という意味で使われていました。

ビジネスシーンで使うかも!これを機に覚えちゃおう♡

今回紹介した漢字の中で、読めたものはありましたか?日本語にはたくさんの難読漢字がありますが、紹介したものは意外とビジネスシーンで使うのでこれを機に覚えちゃいましょう♡

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事