読めない漢字

「鑷」って読める…?読めたらスゴイ!《耳が入った難読漢字》4選

[記事公開日]2020.11.04

「鑷」という漢字、見たことはありますか?読み方も分からないけど、見たこともない!なんて方もいるのではないでしょうか。今回はこの「鑷」のように「耳」が使われている漢字をご紹介していきますよ♪

(1)「鑷」ってなんて読むの?

「鑷」という漢字、なんて読むか分かりましたか?これはみなさんも使ったり、見たりしたことがあるものですよ…!「鑷」の読みかたは、「けぬき」です。けぬきはみなさんなんだか分かりますよね。細かいものを取るときに使ったり、毛を掴むために使う道具のことです。「金」へんに「耳」が3つくっついていますよ。こんなふうに考えると難しい漢字だというイメージは崩れますね…!

(2)「攝取」ってなんて読むの?

「攝取」という漢字、なんて読むか分かりますか?この漢字は、「せっしゅ」と読みます。「攝取」という漢字は、「摂取」と同じ意味で使われますよ。「摂取」の意味はもうみなさんお分かりですよね。そう、なにかを体の中に取り込んだり、自分のものにすることを意味しています。

(3)「懾れる」ってなんて読むの?

「懾れる」という漢字、なんて読むか分かりますか?この漢字も3つの耳がくっついていますよね。これは「おそれる」と読みます。「恐れる」という漢字と同じ意味で使われていますよ。恐れるにはほかにもたくさんの漢字があって、「怖れる」「畏れる」「懼れる」などがあります。その中のひとつに「懾れる」があるんですよ。

(4)「囁く」ってなんて読むの?

「囁く」という漢字、なんて読むか分かりますか?この漢字は、ある動作を表す漢字です。なんとなくわかるという方もいるのではないでしょうか?これは「ささやく」と読みますよ。「ささやく」は耳元で小さい声で話すことですよね。「口」へんに「耳」が3つなので、この漢字は意味とリンクしていて考えやすいですね。この漢字は目にすることも多いと思うのでこれを機に覚えてしまいましょう♪

「耳」がはいった漢字、こんなに難しい…!

「耳」が使われている漢字はどれも難しいものばかりでしたね…!まだまだ耳が使われている難読漢字はたくさんあるので、どんなものがあるか気になった方は調べてみてくださいね♪

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事