業務スーパー「葱抓餅」のパッケージ

業務スーパーの隠れ押し!本場台湾を味わえる葱抓餅のおすすめの焼き方は?

[記事公開日]2020.11.10
[最終更新日]2020.11.11

台湾屋台の食べ歩きの定番、葱抓餅(ツォンジュアビン)をご存じですか?外はサクサク、中はもっちりとした食感が一度食べるとやみつきになるおいしさです♡そんな葱抓餅をおうちで簡単に味わうことができる業務スーパーの「葱抓餅」をご紹介します!

台湾で人気の屋台食べ歩きグルメ、葱抓餅(ツォンジュアビン)とは?

業務スーパー「葱抓餅」のパッケージ

葱抓餅(ツォンジュアビン)は、台湾の屋台などで売られている、小麦粉の生地に細切りのネギを混ぜて作られた食べ物です。名前に「餅」と入っていますが、実際に餅は入っておらず、台湾、特に台北では屋台で定番中の定番の人気グルメです。

▼商品情報

業務スーパー葱抓餅(薄焼き餅 ほうれん草風味)

  • 内容量:5枚(600g)
  • 価格(税込):410円
  • 賞味期限:私が購入したときは、購入日から約9か月でした

本場の味を再現!?業務スーパーの「葱抓餅(ほうれん草風味)」の中身は?

業務スーパー「葱抓餅」の封を開けたところ

プレーンタイプの葱抓餅もあるのですが、せっかくなら少しでも野菜をとりたい!ということで、「葱抓餅(ほうれん草風味)」を購入してみました。業務スーパーの「葱抓餅」の原産国は本場台湾!自宅に居ながら本場の味を堪能できるのは、嬉しいですね♪業務スーパーの「葱抓餅(ほうれん草風味)」は小麦粉生地にねぎ、ごま、ほうれん草が練りこまれていて、彩りがとても鮮やかです♪葱抓餅は1枚ずつ半透明の紙で包まれているので、くっつく心配もなく、簡単に調理することができます。

業務スーパーの「葱抓餅(ほうれん草風味)」のおいしい焼き方は?

業務スーパー「葱抓餅」焼き方

パッケージに調理法は「オーブントースターで焼くだけ」と「焼くだけ」の2種類記載がありました。せっかくなら、本場の味に近づけたい!ということでフライパンで焼いてみました。フライパンに油を引かずに葱抓餅を入れ、中火で両面に焼き目がつくまで加熱するだけ、と驚くほど簡単です!そして仕上げにひと手間、焼きながら箸やトングなどで、おもいきりくしゃくしゃっと挟みほぐしながら回します。これをすることで、生地に空気が入り、中はもちもち、外はサクサクとしたパイ生地のような食感になります。お味はというと、おいしい!こんなに簡単に台湾のあの味を再現できるなんて…と驚くばかりです。さらにほうれん草風味は、ほうれん草の青い風味がほんのりして、癖も強くなくとても食べやすいです。

業務スーパーの「葱抓餅(ほうれん草風味)」を使って本場台湾の定番アレンジをしてみよう!

業務スーパー「葱抓餅」アレンジ工程

そのまま食べてもおいしいのですが、本場台湾でも、中にいろいろな具材を足したアレンジがされています。今回は、卵とハムとチーズを使ったアレンジレシピをご紹介します。材料は葱抓餅1枚、卵1個、ハム2枚、チーズ1枚です。まずは葱抓餅を通常通りに焼いて、別皿に移しておきます。その後、同じフライパンに少量の油を引き、卵を入れてフライパンの中で軽く混ぜ、その上に先ほど焼いた葱抓餅を乗せて焼きます。ひっくり返して、卵の上にハムとチーズを乗せ、2つに折りたたんだら出来上がりです。葱抓餅が包まれていた紙で包んでクレープのようにすれば、より本場の屋台っぽさが出ますね。サクサクもちもちの生地にハムとチーズの塩気が合わさって止まらないおいしさです!1個で大満足の、ボリューム満点の一品です。

簡単に本場台湾の味を楽しめる業務スーパーの「葱抓餅」は満足度抜群!

業務スーパー「葱抓餅」アレンジしたものの全体図

業務スーパーの「葱抓餅」は、一度食べたらやみつきになる事間違いなしのおすすめの一品です。そのままでも、いろいろな具材を挟んでもおいしく食べられるので、ぜひ自分好みの食べ方を見つけてみてください。

※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や販売終了の可能性もございますので、ご了承くださいませ。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事