ありがとうの方言

「ありがとう」を方言にすると…?あなたは知ってる?《全国の方言》4選

[記事公開日]2020.10.16

「ありがとう」を方言にすると、どんな言い方をするのかまとめました。日本全国「ありがとう」という言葉は、いろいろな言い方があるんです。これも「ありがとう」という意味だったんだ!そんな新しい発見ができますよ♡

秋田県では「おぎに」

秋田県では、「ありがとう」を「おぎに」と言います。秋田弁は、濁点が多い・母音が変化している・イントネーションが独特という特徴があり、大きく分けると「北部方言」「中央方言」「南部方言」この3つの種類があります。「おぎに」以外の挨拶を秋田弁にすると、「おはよう」は「おはえんすー」、「またね」は「へば」、「どういたしまして」は「なんも」、このような言い方をします。

福井県では「きのどくな」

福井県の金沢弁では、「ありがとう」を「きのどくな」と言います。共通語だと「大変だね」「かわいそうに」と、人の不運に同情するときに使われる言葉ですが、金沢弁では「ありがとう」という意味で使われ、感謝の気持ちだけでなく「気遣ってもらって申し訳ない・すみません」と、謙遜する意味も込められているのが特徴です。「きのどくな」は福井県だけでなく、富山県や石川県でも使われているそうです。

熊本県では「ちょうじょう」

熊本県では、ありがとうを「ちょうじょう」と言います。「ちょうじょうなこつで」という使い方をし、「大変ありがたいことで」という意味になります。「ちょうじょう」は漢字で「重畳」と書き、重ね重ねという意味があります。丁寧に感謝の気持ちを伝えるときに使われる方言ですが、とても古い方言でもあるため、熊本県人でも「聞いたことがない…」という人も多いようです。また熊本には、「ありがとう」を「だんだん」と言う地域もあります。「だんだん」は熊本だけでなく、鳥取・愛媛・宮崎など広範囲で使われている方言です。

宮城県では「まんずどうもね」

宮城県の仙台弁では、ありがとうを「どうもね」と言います。「本当にありがとうね」と伝えたいときは、文頭に「まんず(本当に・とても)」をつけて「まんずどうもね」と言います。仙台弁では「ご馳走してけでまんずどうもね」このような言い方をし、標準語にすると「ご馳走してくれて本当にありがとう」という意味になります。

「ありがとう」にもいろんな言い方がある!

「ありがとう」という言葉ひとつとっても、日本全国いろいろな言い方をされていることがわかりました。「ありがとう」の方言を覚えておくと、旅行に行ったときやその地域の友達とも話が弾むはず♡

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事