難しい漢字出色

「出色」=「でいろ」…?知っておきたい《読み方と意味》を解説

[記事公開日]2020.10.09

「出色」ってなんて読むか分かりますか?実はこれ、一文字ずつは簡単な漢字ですが、読めない人がほとんどなんです…!今回はこの「出色」についてご紹介していきますよ♡

「出色」ってなんて読むの?

「出色」はなんて読むか想像がつきましたか?「出色」は「でいろ」と読みたくなってしまいますが、この読み方は違うんです…!では正しい読み方はなんなのでしょうか。この漢字、「しゅっしょく」と読むんですよ!「しゅっしょく」なんて聞いたことがない!と思った方もいるのではないでしょうか。そこでここからはこの「出色」の意味や使い方をご紹介していきますよ♡

「出色」ってどんな意味なの?

「出色」はどんな意味の言葉だと思いますか?この言葉は、「きわだって優れている」「ほかのものよりも目立っている」などを意味する言葉です。主に褒めるときに使う言葉なんですよ♡では実際にどんな風に使うのかをチェックしていきましょう♪

「出色」はどんなときに使うの?

「出色」はどんなときに使うかというと、先ほど紹介したように何か優れているものに対して使います。具体的には「この作品は出色の出来でしたね」「彼は出色の存在だ」「この料理は出色の味だった」などと使います。出来がいいものに対して使えるイメージですが、そうではなくとてもきわだっているものに対してのみ使うのが正しいんです…!同じことをしていても、ひとりの評価は「D」もうひとりの評価は「A」なんてときに使うイメージを持っておきましょう!

「出色」の類義語は?

「出色」には類義語がいくつかあります。まずは「抜群」です。これは日常会話でもよく使いますよね…!意味は多くの中で飛びぬけて優れていることを表しています。ほかにも「天下一品」などがあります。これは世の中で比べることができるものがないことを意味しています。「出色」の類義語はまだまだあるので気になる方は調べてみてくださいね…!

「出色」は読めそうなのに読めない漢字…!

「出色」という漢字、とっても簡単な読みの漢字に見えますが、とっても難しい漢字でしたね…!ビジネスシーンでは使うことも多いので、これを機に覚えちゃいましょう♡

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事