カルディ フェアトレードチョコレートの3種類のまとめ画像

《カルディ》フェアトレードチョコ3種類を実食レポート!味の違いやアレンジレシピを紹介!

[記事公開日]2020.10.02

リーズナブルでおいしいとたびたび話題になるカルディのオリジナル商品。今回は定番の人気商品「フェアトレードチョコレート」について、種類と味の違いをご紹介します!アレンジレシピもありますので、ぜひお試しください♪

コスパ優秀!カルディ「フェアトレードチョコレート」

カルディ フェアトレードチョコレートの3種類のトップ画像

「フェアトレードチョコレート」は、全部で3種類。カルディで購入できるチョコレートの中でも手に取りやすい価格です。パッケージが海外のお菓子みたいでかわいいですよね♪

▼商品情報フェアトレードチョコレート

  • 内容量:50g
  • 価格(税込):185円
  • 賞味期限:私が購入したときは、購入日から約9カ月でした

3種類の味を食べ比べ♪

カルディ フェアトレードチョコレート3種類の袋から出した画像
チョコレートの種類は、カカオの含有量が違う2種類と、ミルク味があります。早速それぞれ味の違いを見ていきましょう!

甘さとほろ苦さのバランスが最適な「カカオ70%」

カルディ フェアトレードチョコレートのカカオ70%画像
カカオの苦味は控えめで甘さとのバランスがちょうどいい!スタンダードなチョコが好きな方はこちらがおすすめです。

香りとコクの深みを感じる「カカオ80%」

カルディ フェアトレードチョコレートのカカオ80%画像
こちらは70%よりもカカオ感がやや強めに感じられます。不思議なのは、そこまで苦くないこと。カカオの含有量が増えると苦くなるという思い込みが覆されました。カカオの香りとコクが強く、フルーティーさが増していてビターチョコ好きにピッタリ!

口どけまろやかな「ミルク」

カルディ フェアトレードチョコレートのミルク画像
ミルクはやさしい口当たりで、まろやかな味わい。甘さがしっかり味わえて、カカオも50%含まれてます。甘いチョコレートが好きな人はミルク一択ですね!

甘じょっぱい!?ミルクチョコトーストのご提案♪

カルディ フェアトレードチョコレートのアレンジレシピ
チョコとパンの組み合わせは定番ですよね?そんな定番がちょっとしたアレンジで更においしくなりますよ!十字に切り込みを入れた食パンに、オリーブオイルをお好みの量かけます。4等分になった四隅にチョコを置き、オーブントースターで焼いて、最後に塩を振りかけて完成!チョコの甘さと塩のしょっぱさが意外にマッチするんです♪

おいしくても適量で!気になるカロリーは?

カルディ フェアトレードチョコレートの3種類のカロリー
カカオ70%が299kcal、カカオ80%が309kcal、ミルクが304kcalです。カカオ含有量が多くて甘さが控えめなチョコレートでもカロリーは高めなので、食べすぎには気を付けてください。

お気に入りチョコを見つけて至福のひとときを♪

カルディ フェアトレードチョコレートの3種類のまとめ画像
「フェアトレードチョコレート」は、一般的な板チョコより厚みがあるのも嬉しいポイント。コスパがよくて満足感もあるので、あなたのお気に入りチョコに仲間入りすること間違いなし♪ぜひ味わってみてください!

▼紹介した商品の購入店舗はこちらカルディ 東急プラザ戸塚店

  • 営業時間 10:00-21:00
  • 駐車台数 602台
  • 住所 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-1東急プラザ戸塚 1F
  • 電話 045-881-8511

https://map.kaldi.co.jp/kaldi/detailMap?account=kaldi&accmd=0&adr=14&bid=383&pgret=2
※最新の店舗営業状況は公式サイトにてご確認ください。

※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や販売終了の可能性もございますので、ご了承くださいませ。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事