袋から出した業務スーパーの柔らか煮豚

業務スーパーの「やわらか煮豚」が主婦に大人気!簡単アレンジレシピを紹介

[記事公開日]2020.10.05

「アレンジが自由自在すぎる!」と話題になっている業務スーパーの“柔らか煮豚”。これさえあれば料理の幅がグンと広がります♪今回は「一度買うともう戻れない」柔らか煮豚の魅力を余すことなくご紹介します!

業務スーパー“柔らか煮豚”が話題♡

業務スーパーの柔らか煮豚

▼商品情報

柔らか煮豚

  • 内容量:600g
  • 価格(税込):496円
  • 賞味期限:私が購入したときは、購入日から約2ヶ月半でした

業務スーパーでは、さまざまな時短食材が手に入ります。しかしその中でも“柔らか煮豚”は使い勝手の良さが話題の商品。賞味期限も長く保存がきくことから、冷蔵庫に常にストックしている人もいるんだとか♪

柔らか煮豚の温め方は?

業務スーパー柔らか煮豚の温め方

柔らか煮豚の温め方は、湯煎と電子レンジの2通りがあります。湯煎の方がムラなく温まりますが、急いで温めたい場合は電子レンジを利用するのがいいでしょう。

中には大きなかたまりが3つ

業務スーパーの柔らか煮豚の開封画像

柔らか煮豚を開封すると、かたまりの豚肉が3つ入っていました。甘辛いタレの香りが食欲をそそります…!

食べてみると、まず柔らかさにびっくり。豚肉とは思えないくらいの柔らか食感です。また、絡めてあるタレとの相性もバツグンです♡濃いめの味付けなので、ごはんと一緒に食べたくなる味です。

柔らか煮豚の丼アレンジ

業務スーパーの柔らか煮豚丼

そのまま食べてもおいしい柔か煮豚ですが、ひと手間加えてアレンジ料理にするのも◎今回は、柔らか煮豚を使った簡単丼を作ってみました。

作り方

業務スーパーの柔らか煮豚丼の作り方

  1. ご飯を器に盛る
  2. 柔らか煮豚を適量盛り付ける
  3. コチュジャンをお好みでのせる
  4. 白髪ネギを散らして出来上がり

柔らか煮豚丼はサクッと作ってすぐに食べられるのが魅力。忙しい日のご飯にいかがでしょうか。

煮汁も美味しく♡柔らか煮豚の炊き込みご飯

業務スーパーの柔らか煮豚を使った炊き込みご飯

たっぷりの煮汁とともに入っている柔らか煮豚。旨味がしっかり閉じ込められたこの煮汁、使わずに捨てるのは少しもったいないですよね。

そんなときには、煮汁を使って炊き込みご飯にしちゃいましょう!

作り方

業務スーパーの柔らか煮豚を使った炊き込みご飯の作り方

  1. 炊飯器に洗ったお米2合をいれる
  2. 柔らか煮豚の煮汁100ml・しょうがチューブ4cmを入れ、2合ラインまで水を注ぐ
  3. 細切りにした油揚げ2枚・にんじん・ゴボウ(好きなだけ)・柔らか煮豚100gを上に乗せる
  4. 炊飯器の炊飯ボタンを押し、炊き上がったらよく混ぜて出来上がり

今回は、にんじんとゴボウは業務スーパーの冷凍野菜を使っています。しょうがが好きな方は、しょうが多めで作るのもおいしいですよ♪

柔らか煮豚で角煮まん風♡

業務スーパーの柔らか煮豚を使った角煮まん風アレンジ

柔らか煮は、角煮まん風にして食べるのも◎白髪ネギをのせることでさっぱり食べられます♪

作り方

業務スーパーの柔らか煮豚の角煮マン風アレンジの作り方

  1. お好きなパン(今回はイングリッシュマフィンを使用)を二等分にスライスする
  2. 白髪ネギを適量のせる
  3. その上に柔らか煮豚をのせる
  4. 上半分のパンを乗せて出来上がり

とても簡単にできるのに、ボリュームもあって満足感のあるランチになります。男性に出しても喜ばれそうですね♪

柔らか煮豚は工夫次第でアレンジが無限大!

袋から出した業務スーパーの柔らか煮豚

業務スーパーで買える柔らか煮豚は、たくさんのアレンジ方法があるのが魅力♡さまざまなアレンジを加えて食卓に並べれば、飽きることなく何度でも楽しめそうです。

あなたも柔らか煮豚を使って、自分だけのアレンジ料理を楽しんでみませんか?

※記事内の情報は執筆時のものになります。価格変更や販売終了の可能性もございますので、ご了承くださいませ。