この意味知ってる?SNSやビジネスで使われる英語の略語4選

[記事公開日]2020.9.29

《lamire上半期ダイジェスト》SNSやビジネスの現場で、英語の略語をよく見ますよね?実は意味がよくわからないまま使ってる…なんてことないですか?今回はわかりそうでわからない英語の略語を4つ解説します!

thx=ありがとう

略語はスペルが長い単語や、長いフレーズを短くするときに使います。理由は入力する側も読む方も、手間が省けて単純に便利だから。英語でよく見る「Mr.」も「Mister」の略語なんです。日常的によく使われているのは、「thx」。これは「thanks=ありがとう」の略語で、「thx(サンクス)」と読みます。日本語で「ありがとう」を「どーも」とラフな言い方をするのと、同じようなニュアンスです。「thx」のほかに、「thank you」の頭文字を取った「ty」を使う人もいます。

NP=問題ないよ、大丈夫だよ

「NP」は、No problemの略語で「問題ないよ、大丈夫だよ」という意味になります。友人とのメールのやり取りで使うことが多いです。たとえば「Can I call you tonight?(今夜電話してもいい?)」と聞かれた場合に、「NP(問題ないよ)」と返すことができるためとても便利ですよ。

FYI=ご参考までに

「FYI」は「for your information」を省略した言葉で、「ご参考までに」という意味になります。「FYI, ~」(参考までに、~)という様に、文章の頭に付けて使うことができます。また、似た略語で「FYIG」という言葉があります。こちらは、「for your information and guidance」を省略した言葉で、「参考情報、指針」という意味になります。「FYIG」も合わせて知っておきたいですね。

BRB=すぐ戻ります

「BRB」これは「be right back」を略した言葉で、意味は「すぐに戻ってくる!」です。チャットなどを使って話しているときに、一度その場を離れるタイミングなどで使います。

使いこなせるとちょっとかっこいい英語の略語♪

今回は英語の略語の中でも、とくに実用的なものを集めました。
ビジネスシーンや友達とのメッセージのやり取りで使えるとちょっとかっこつけられそうですね♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事