「ちかっぱ」って何…?意外と知らない《福岡》の方言

[記事公開日]2020.10.02

「ちかっぱ」という言葉、聞いたことはありますか?実はこれ、福岡県で使われている方言の「博多弁」なんです…!今回はこの「ちかっぱ」をはじめとした方言をご紹介していきますよ♡

「ちかっぱ」ってどんな意味なの?

「ちかっぱ」ってどんな意味の言葉だか分かりますか?これは福岡の若者がよく使っている方言なのですが、県外の人が聞いてもインパクトが大きいので耳に残る!と言われています。これは「とても」「すごく」を表す方言なんですよ♡「ちかっぱ」は「バリ」や「えらい」の上を行く最上級の言葉なんです♪ルーツは北九州の「ちかっぱい」を変えたものなど、諸説ありますよ。なんだか響きがかわいらしいですよね。

「からう」ってどんな意味なの?

「からう」ってどんな意味か分かりますか?これは「背負う」を意味する言葉なんです…!なぜ背負うが「からう」になるかというと、「担ぐ」を表す古語の「担う(かるう)」からきているのだとか。これが変化して今でも使われているんですよ♡からうと言われても、県外の人にはきっと伝わりません…!

「かたす」ってどんな意味なの?

「かたす」ってどんな意味だか分かりますか?「かたす」と聞くと「片づける」をイメージしてしまいがちですが、実はこれ「仲間に入れる」という意味の方言なんです…!まったく分かりませんよね。「かたして~」というと、「仲間にいれて~」ということになるんですよ…!博多弁を知らないと「片づけておいて」と言われたようにしか感じませんよね!これは標準語だと思っている方も多いようで、ビックリしてしまうんだとか。

「はらかく」ってどんな意味なの?

「はらかく」はどんな意味だか分かりますか?これは「腹を立てる」という意味の言葉になります。なんとこの方言は、鶏が腹を掻いて怒ることが由来なんだとか。怒っていることに対して使う言葉ですが、なんだかかわいらしい方言ですよね♡

博多弁、かわいい…!

福岡県の方言は「博多弁」でした♡そんな博多弁には標準語とは全く異なる意味の言葉がたくさんありましたね。ほかにもいろいろあるので、気になった方はチェックしてみるとおもしろいかも…!

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事