読めない漢字・転寝 

「転寝」=「てんね」じゃない…?読めそうで読めない《難読漢字》3選

[記事公開日]2020.10.02

「転寝」という漢字、なんて読むか分かりますか?「てんね」と読みたくなってしまいますが、実は違います…!今回はこの「転寝」のほかにも読めそうで読めない漢字をご紹介していきますよ♪

「碌に」ってなんて読むの?

「碌に」という漢字、なんて読むか分かりますか?これは「ろくに」と読みます。読めましたか?この言葉は、ものごとの打消しに使い、それが正常でないことやまともではないことを表現したいときに使います。「ろくな大人にならない」「ろくでなし」などと使いますよね。そのほかにも、平坦なことを表す意味もあります。そしてこの「碌に」の漢字は、当て字なんだとか。当て字以外では「陸」や「直」「完」などが正しい漢字として使われています。しかしどれも「ろく」という読み方をするとは分かりませんよね…!

「転寝」ってなんて読むの?

「転寝」はなんて読むか分かりますか?「てんね」「ごろね」などと読むイメージがありますが、実は違います…!これは「うたたね」と読むんですよ♡ちょっと横になりながらゴロゴロウトウトしてしまうことですね♪そっちか…!と思った方もいるのではないでしょうか。これは寝るつもりで仮眠をとるのとは違い、自分の意識とは逆に眠くなってしまうときに使うことができます。そして、似ている言葉に「居眠り」もありますが、「転寝」との違いは分かりますか?このふたつの違いは、座っているか、寝っ転がっているかです…!座りながらウトウトしてしまったときは「居眠り」になりますよ♪

「返戻」ってなんて読むの?

「返戻」はなんて読むか分かりますか?これは「へんれい」と読みます。へんれいというと「返礼」をイメージする方が多いですよね。このふたつ、実は読み方は一緒ですが、意味が全く違うんです…!「返戻」は「預かっていたものを返却する」という意味になるのに対して、「返礼」は「受けたものに対してのお礼」を意味する言葉になっています。漢字の違いで意味が大きく違うので、これを機に覚えておきましょう…!

読めそうで読めない漢字はほかにも…!

読めそうで読めない漢字はまだまだほかにもありますよ…!どんなものがあるか気になった方は調べてみてくださいね♡難読漢字を読めるようになって、かしこくなっちゃいましょう♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事