難しい漢字彳む

「彳む」=って読める?わかったらスゴイ!《正しい読み方と意味》を解説

[記事公開日]2020.10.02

「彳む」という言葉、何と読むか分かりますか?一見文字には見えないですが、きちんとした読み方があるんです…!今回は「彳む」のように、画数が少ないのに読むのが難しい漢字をご紹介していきますよ♪

「彳む」ってなんて読むの?

「彳む」という漢字、何と読むか分かりますか?実はこれ、ある動作を表す漢字です。正解は「たたずむ」になりますよ…!読めた!という方はすごすぎます…!パッと見ただけでは、偏の部分だけ書いて作りの部分を書き忘れてしまったみたいに見えますよね。「たたずむ」という言葉には「しばらく立ち止まっている」「じっとしている」などの意味があります。これはもうみなさん大丈夫ですよね…!

「乍ら」ってなんて読むの?

「乍ら」という漢字は何と読むか分かりますか?これは何かを一緒に進行させるときに使うことが多い言葉で、「ながら」と読みますよ…!「~しながら」などと、2つのことを並行させているときに使いますよね。

「辷る」ってなんて読むの?

「辷る」という漢字は何と読むか分かりますか?これは「すべる」と読みます。すべるというと、「滑る」を想像する方がほとんどですよね。しかし実は、「辷る」も同じ読み方をするんです…!意味は「滑る」と同じで、何かの上を滑らかに動いていく様子を表します。この漢字は、道を歩くという意味がある「辶」に、平らな面を想像させる「-」がくっついていますよね。こう考えるとこの漢字を読むのも難しくないかもしれません…!

「汀」ってなんて読むの?

「汀」という漢字は何と読むか分かりますか?これは海の水が打ち寄せるところを表現している言葉です。分かりましたか?答えは「なぎさ」でした!なぎさも「渚」という漢字がありますよね。こちらの方が一般的ですが、「汀」も同じ読み方をします。「さんずい」は水を表現しているということは言うまでもありませんが、「丁」は水が直角に当たることを意味しているんですよ…!

画数が少ないのに読めない…!

「彳む」や「乍ら」など…画数はとっても少ないのに読むのはとっても難しい漢字でしたね…!ほかにも同じような漢字がたくさんあるので、ぜひ確認してみてくださいね♡

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事