栃木の方言わすら

「わすら」=って?実は方言なんです。意外と知らない《栃木》の方言

[記事公開日]2020.10.02

「わすら」ってどんな言葉だと思いますか?実はこれ、意外と知られていない栃木県の方言なんです…!今回は「わすら」をはじめとした栃木の方言をご紹介していきますよ♡

「わすら」ってどんな方言?

「わすら」ってどんな方言だか分かりますか?ヒントは、子どもがよくすることです…!分かりましたか?正解は、「いたずらすること」を表す方言になっています♡よく、小学生なんかは静かにする場面で手を使って砂遊びをするなど、いたずらしますよね。そんなときは先生が「てわすらするな!」というんだとか…!これが普通になっているので、「いたずら」という言葉は知らなかった、なんて人もいるんです…!

「てばたき」ってどんな方言?

「てばたき」ってどんな方言か分かりますか?これは、「はくしゅ」を意味する方言なんです。こちらも標準語だと思っている栃木県民が多いんです。吾妻語なんだとか。手をたたくので、なんとなく意味を想像することができる言葉ですよね…!「拍手をしてください」は「てばたきをしてください」と言っているということなので、県民以外の人が聞くとビックリしてしまうかも…!

「ごじゃっぺ」ってどんな方言?

「ごじゃっぺ」ってどんな方言か分かりますか?これは「うそ」「いい加減」「ばか」「まぬけ」などの否定的な表現に使われいている方言です。「ごじゃっぺ」のほかにも「ごじゃ」「ごじゃらっぺ」などということもあるんですよ。この方言は茨城県でも使われているんだとか。

「だいじ」ってどんな方言?

「だいじ」はどんな方言だか分かりますか?これは、「大丈夫」という意味の方言なんです…!「だいじょうぶ」が途中で省略されてしまったのでしょうか…。そんなふうに想像をさせる方言ですね。県民以外が聞いたら「大事」のほうだと解釈してしまいそうです…!かなり意味が異なるので、栃木県民と会話をするときに覚えているとラクかも♪

意外と知らない栃木の方言…!

栃木県民も標準語だと思って使っている方言は、県民以外には伝わらない言葉が多かったですね…!まだまだほかにも方言があるので、栃木県民の人とかかわることがある方はチェックしておくといいかもしれませんよ♡

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

標準語だと思ってた…意外と知らない方言だった言葉4選

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事