疾病

疾病=しつびょうだよね…?よく読み間違える《難読漢字》4選

[記事公開日]2020.9.25

会話の中でよく耳にする漢字なのに、間違った読み方で使っているものはありませんか?今回はよく読み方を間違えてしまう漢字を4選ピックアップしました!あなたは何問正しく読めますか?

「疾病」は「しつびょう」?

正しくは「しっぺい」と読みます。「病」は「びょう」が自然な読み方なので、「ぺい」という読み方には違和感がありますよね。間違った読み方には「しつびょう」だけではなく「しっびょう」や「えきびょう」などがあります。「えきびょう」の漢字は「疫病」なのでとても似ていますが、違います。

「相殺」は「そうさつ」?

「相殺」の正しい読み方は「そうさい」です。この漢字は、「そうさつ」と読み間違えている人が多いはず。「そうさつ」は、お互いを殺し合うと言うことなので、意味が全然違ってきます。「ころす」という意味のときは「さつ」、「そぐ・へらす」と言う意味で使うときは「さい」と読み分けします。

「代替」は「だいがえ」?

正解は「だいたい」です。対象のものを代わりになるもので置き換えるという意味ですが、「替」を「たい」と読むことはあまりないですよね。「替える(かえる)」という言葉から、「だいがえ」の方がイメージがしやすいため間違えて読まれるケースがあります。

「汎用」は「ぼんよう」?

正解は「はんよう」です。ひとつの物をいろいろな方面に用いるという意味で、「汎用性が高い」や「ほかのことへ汎用する」という使い方ができます。「汎」が「凡(ぼん)」に見た目が似ていることから「ぼんよう」と読まれがちですが、2つの漢字は全く異なるものなので注意です。

よく使う漢字、正しい読み方をきちんと知っておきましょう!

いくつ正しく読めましたか?日常よく使われるものばかりですが、意外と間違えて覚えているものもあったのではないでしょうか。今後正しく使うために、意味や由来も含めて覚えるようにしましょう!

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事