「俎」?「捏」?読めたらスゴイ《1文字》の難読漢字!4選

[記事公開日]2020.9.11

「え?この言葉に漢字があったの!?」知っているはずの言葉でも、漢字にすると急にわからなくなることってありますよね。今回は「1文字」の難読漢字を集めました!普段何気なく使っている言葉の、意外な漢字について学んで教養力をUPしましょう♪

「鼾」

「鼻」と「干」で構成されたこの漢字、「鼾(いびき)」と読みます!確かに言われてみれば「鼾(いびき)」は鼻や口から乾いた音がしますよね。しかし、正しい由来としては鼻から出る「干声(かんせい)」からきており、「干声(かんせい)」は大きな音という意味です。また、「いびき」の言葉自体の由来は諸説ありますが「息吹(いぶき)」だそうですよ。

「俎」

「俎」この漢字がなにを表しているのか分かりましたか?「俎」が表しているのは私たちの生活の中にある道具ですよ♪「俎」の読み方は「まないた」でした…!料理をするときに、具材を切るために下敷きとして使いますよね。とっても身近な道具でしたが、漢字で表されることはほとんどないので知らなかったという方も多いのではないでしょうか?

「捏」

「捏」この漢字はなんと読むと思いますか?「ネツ」と読んだ方は不正解です…!ヒントは鍋に入れたり、焼き鳥のメニューとしてみんなに愛されている食べ物ですよ♪わかりましたか?正解は「つくね」でした…!焼き鳥を食べるときについ頼みたくなってしまいますよね!

「鯱」

「鯱」は「シャチ」と読むんです。いつもはカタカナで表記されていることが多いですが、実は見かける機会も多い漢字なんです。具体的には、「しゃちほこ」や「きんしゃち(名古屋のしゃちほこ)」などにも鯱という字が使われています。なんだか覚えがある気がしませんか?

あなたはいくつ読めた?意外と知らない「1文字」漢字

今回は「1文字」の難読漢字を4つご紹介しました。難しい意味の言葉はないのに、意外と読めない漢字もあったのではないでしょうか。今回は身近なものの漢字が多かったので、豆知識として知っていてもいいかもしれません!

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事