「ぽんぺい」って何…?流行りの《JK用語》どれだけわかる?

[記事公開日]2020.9.09

学生の間で流行っている用語は、SNSをチェックしていたら見かけることがありますよね。そんなとき、「これって何?」と思ったことはありませんか?流行りの「JK用語」を4つピックアップしてみました♪みなさんはいくつ知っているでしょうか。

(1)「ぽんぺい」って何?

「ぽんぺい」という用語がありますが、名前なのか動詞なのかもよくわかりませんよね。「ぽんぺい」は「ぽんぽんぺいん」の略語で、「お腹が痛い」という意味になります!「ぽんぽん」が「お腹」というのは、小さい子どもと接する人ならわかるのではないでしょうか?そして、「ぺいん」は「痛い」という意味ですが、これは英語の「pain(痛み)」から来ています。「お腹がいっぱい」のことを「ぽんぽんまっくす」なんて言い方もするんですよ♪

(2)「やばたにえん」って何?

こちらの意味を想像できた人は、その想像で合っていると思います。「やばたにえん」は、「やばい」と同じように使われている用語です!「やばい」に「永谷園」をくっつけてできたとされる「やばたにえん」は、語呂がいいからできた造語のようです。アニメで使用された用語ということもあり、長い間流行している言葉です。

(3)「3150」

こちらの流行用語は、口語では「3150」と書くことがわからないため、SNSを見ている人だけが知っている用語です。「3150」は「サイコー」と読み、言葉の通り「最高」という意味で使われています。インスタグラムのハッシュタグで流行し、文章内にも「今日は休みだから3150」のように使われることがあります。インスタグラムの投稿を見てみると、「3150」というハッシュタグが付いているかもしれませんよ。

(4)「スノる」

「スノる」という用語は、「snow(スノー)」という写真アプリを使用するときに使われる用語です。「snow」は写真を撮影するだけではなく、肌を綺麗にしたり猫耳などのフィルターをつけたりと、女子の間では定番の写真アプリですよね♪たとえば、「snowで写真を撮ろう」というときに、「スノろう」だけで通じてしまうんです!

いくつ知ってた?流行りのJK用語

知らなかったらただ意味がわからない言葉ですが、知っていたら案外便利かもしれないですよね♪とくに略語の類いはやり取りを簡潔にできそうです。SNSで見かけた「何これ?」と思った言葉は、すべてこういった用語の可能性が高いですね。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事