「漫ろ」=「まんろ」じゃない…?読めたらスゴイ!《難読漢字》

[記事公開日]2020.9.11

「漫ろ」って何て読むか分かりますか?「まんろ」と読んでしまいたくなりますが、実は違います…!今回は、この「漫ろ」という漢字の読み方や意味などをご紹介していきますよ♡

「漫ろ」ってなんて読むかわかる?

「漫ろ」って何て読むかわかりましたか?この漢字の正しい読み方は「そぞろ」なんです…!「すずろ」と読んでも正しいんだとか。普通に読むと「まんろ」と読んでしまいますよね。そしてこの漢字、どんな意味を表しているのか知っていますか?次はこの漢字が表す意味をご紹介していきますよ♡

「漫ろ」ってどんな意味なの?

「漫ろ」という漢字が表す意味は複数存在しています。まずは、「これといった決定的な理由はないがそうなったり、そうしたりする。なんとなく」という意味。ほかには「落ち着かなくてそわそわしている様子」「むやみやたら」などがあります。主に「むやみに」「なんとなく」などの、意味のないことを表していることが多いですよ…!なんとなく想像できましたか?

「気も漫ろ」ってなに?

「気も漫ろ」は「漫ろ」を使ったことわざです。意味は「あることにとらわれて心が落ち着かない様子。そわそわしている」などとなります。このほかにも「漫ろ」を使ったことわざには「漫ろ心」「漫ろ雨」などがありますよ…!これらの意味は「漫ろ心」が「浮ついた心」で、「漫ろ雨」は「小雨なのに長く降っている雨」を表しています。

「漫ろ」はどんなときに使うの?

そんな漫ろですが、どんなときに使うのが正しいのでしょうか?「漫ろ」という言葉は、先ほど紹介した「気も漫ろ」がとくに使いやすいでしょう。「気も漫ろに歩いていた」「突然の出来事に気も漫ろで、何も手につかない」などと使うことができますよ♪

「漫ろ」の類語は?

「漫ろ」の類語には「落ち着かない」「そわそわしている」「うきうきしている」「バタバタ」「あたふた」「気が気じゃない」などがあります。いろいろな言い換えができるので、日常の中で漫ろを使う人は少ないかもしれませんね…!

「漫ろ」は読み方が2つある言葉だった…!

「漫ろ」は読み方が2つある珍しい漢字でしたね!使っている人も意外と少ない言葉なので、ぜひ使ってみてくださいね♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事