「ちくちくことば」って何?!流行りの《新語》どれだけわかる?

[記事公開日]2020.9.10

「ちくちくことば」って聞いたことありますか?実は「ちくちくことば」のように新しく生まれてくる言葉はたくさんあります…!今回は、そんな新語を詳しくご紹介していきますよ♪

「ちくちくことば」ってなに?

「ちくちくことば」これはなんだかわかりますか?実はこれ、相手に対して攻撃的な言葉のことを指しています。たとえば「ウザイ」「きもい」など、自分が言われると心にちくちくととげが刺さったような感覚になりますよね…!そんな言葉のことをちくちくことばと言います…!

「常考」ってなに?

「常考」って聞いたことがありますか?これは、「常識的に考えて」「常識的に考えろ」という意味なんだそう。長くなるので「常考」と省略されて使われることが増えています…!なんとこの言葉は、さらに省略されて「JK」と使われることも。もはや何を言っているのかわからなくなってしまいそうです…!

「ラグる」ってなに?

「ラグる」は何だか分かりますか?この言葉は、インターネットなどが繋がりにくくなっていたり、通信制限がかかっていて通信にタイムラグが生まれる状態のことを指しています。この「タイムラグ」の「ラグ」に「る」を付けることで用語化されたんだとか。

「gdgd」ってなに?

「gdgd」って何だかわかりますか?パッと見ただけではなんのことだかさっぱりわかりませんよね…!実はこれ、「グダグダ」と読みます。やる気がない様子を表すときに使ったり、話し合いなどがスムーズに進まないときなどにも使います。グダグダと表すよりもやさしい印象になるのでよく使われるんだとか。

「タヒる」ってなに?

「タヒる」って何だかわかりますか?これは「死」を表すネットスラングです。しかし死を意味することに使うというよりは、「死にそうなくらい疲れた」「本当に大変」などという意味で使われていますよ…!ちょっと怖いと思ってしまいますが、意外と使っている人が多いんです。

新語はどんどんできてます…!

見たこともないような言葉は、どんどん生まれていますよ…!新語も定期的にチェックして、若い人たちに置いて行かれないように頑張りましょう♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事