気温は夏!天気は雨!梅雨シーズンを乗り切る《6月コーデ》の正解って?

6月は30度近くなるほど夏みたいな日もあったり、梅雨でジメッとした日もあっておしゃれをするのが難しい!雨の日対策をしっかりしながら、じめじめとした時期を快適かつおしゃれに乗り切るコーデテクニックを、まとめてご紹介しちゃいます!

気温は夏!でも雨!どうする6月コーデ

出典: WEAR

春と夏の変わり目で、朝晩と日中の温度差がある6月。気温は30度近い日もあって本格的な夏かと思うほど暑いのに、梅雨どきだからじとじと雨が降り続いて、湿気も高い。こんな季節は、おしゃれをするのも面倒になっちゃいますよね。そこで、ちょっぴり憂うつな6月を快適かつおしゃれに乗り切るテクニックをご紹介♡不快指数が高い日だって、さわやかにコーデをキメちゃいましょう!

 

 

 

雨に備えて控えたいアイテム5つ

6月は気温に加えて、雨の対策も必要になってきますよね。出先で雨のせいでコーデが台無しなんてことにならないように、雨予報の日には控えておきたいアイテムを考えてみました。天気予報が雨になっていたらこのアイテムたちを避ければ問題なし!

 

 

①フルレングスワイドパンツ

白カットソーにワイドデニム出典: WEAR

フルレングスのワイドパンツは楽チンだけど、雨が降ったら裾がビショビショになってちょっぴり恥ずかしいかも。雨予報の日はスキニーパンツやクロップドパンツにするといいですね。

 

 

②マキシ丈ワンピ

ブラウンマキシ丈ワンピ出典: WEAR

マキシ丈ワンピも一枚で着られて使い勝手がいいけれど、これもやっぱり裾が濡れると悲しいので控えるのが無難です。どうしても履くならヒールを合わせると多少は濡れにくくなると思いますよ。

 

 

③ホワイト系パンツ

ベージュのパンツにモカT出典: WEAR

ホワイト系のパンツも、雨が降るかもと思ったら避けたいアイテム。泥が跳ねたら白やベージュのパンツは目立ちやすくてしかも落ちにくいですよね。ベージュ系コーデが流行っているけど雨の日だけはガマンです。

 

 

④天然のかごやペーパーバッグ

ペーパーかごバッグ出典: ZOZOTOWN

天然のかごバッグや紙でできているバッグも、夏にはたくさん登場しますが雨の日はやめておいたほうがよさそうです。カビてしまったり痛みの原因になるのでナイロン系バッグにチェンジするといいかも。

 

 

⑤ジュートサンダル

パイソンジュートサンダル

出典: ZOZOTOWN

ジュートサンダルは涼しげで6月にぴったりですが、雨の日は水が染み込んで足が濡れてしまうので要注意。サンダル自体も傷んでしまうので、雨の日対応のシューズを履くのがおすすめです。

 

 

 

袖丈は昼も夜も対応できる「五分袖」

昼間は30度近くて半袖でも暑いくらいの日でも、夜にあるとグッと気温が下がって涼しくなるので、袖丈には気を付けて。昼も夜も対応できて1枚で着られる「五分袖」に頼ってみて。半袖と七分袖の中間で、肘くらいの丈で安心感がありますね。

 

ベージュの五分袖トップス出典: ZOZOTOWN

五分袖トップスは、ゆったりしたものが多いですがピタッとしたシルエットのものもありますよ。袖が細めの五分袖トップスはスタイリッシュにキマります。

 

グリーンの五分袖トップス出典: ZOZOTOWN

ゆったりめな五分袖トップスは、二の腕まわりをカバーしつつ気温にちょうどいいコーディネートに。ウエストをINしたらスタイルがよく見えて一石二鳥です。

 

 

 

通気性抜群のリネンが救世主!

6月は気温も気候も読みずらいので、通気性も速乾性もある「リネン素材」のアイテムが大活躍してくれます。夏らしい見た目で、着心地も涼しくてまさにこの時期のためにあるような気がするほどです。

 

ブラウンのリネンジャケット出典: WEAR

リネンのジャケットなら、夏でも暑くないので着やすいですよね。2019夏は半袖のジャケットがたくさん登場しているので、その中でもリネン素材を選んで。

 

パープルリネンパンツ出典: ZOZOTOWN

リネンのパンツならフルレングスでも暑苦しくなく履けて、万が一濡れても乾きが早いから安心。カラーも黒以外を選んで夏らしさを演出したら季節感もバッチリです♪

 

 

 

湿気で髪が広がるなら帽子でごまかす

湿気で髪が広がり安いのも6月の特徴ですよね。セットしても崩れるヘアは帽子をかぶってごまかすのがいいのかも。トレンドのキャップや夏らしいストロー素材の帽子が狙い目ですよ。

 

ストローキャスケット出典: WEAR

夏らしいストロー素材の帽子はこなれ感があっておすすめです。ツバの広いストローハットよりもキャスケットタイプのほうがデイリー使いしやすくてGOOD。

 

小花柄ワンピにキャップ出典: WEAR

一番使いやすいのは「キャップ」かも。クールコーデにもガーリーコーデにもマッチするので1つ持っていたら雨の日に活躍してくれそうです。

 

 

 

梅雨乗り切りコーデで6月を過ごしましょ

出典: WEAR

気温が高くて蒸し暑い日も多くなる6月は、梅雨の対策もしながら乗り切れたら完璧です。本格的な夏が来る前の6月はコーデが難しいけれど、それも込みで楽しみましょ♪

[記事公開日]2019.6.01 [最終更新日]2019.6.03

エリアを選ぶ
    北海道
    • 北海道

    東北
    • 青森県

      岩手県

      宮城県

      秋田県

      山形県

      福島県

    関東
    • 茨城県

      栃木県

      群馬県

      埼玉県

      千葉県

      東京都

      神奈川県

    中部
    • 新潟県

      富山県

      石川県

      福井県

      山梨県

      長野県

      岐阜県

      静岡県

      愛知県

    近畿
    • 三重県

      滋賀県

      京都府

      大阪府

      兵庫県

      奈良県

      和歌山県

    中国
    • 鳥取県

      島根県

      岡山県

      広島県

      山口県

    四国
    • 徳島県

      香川県

      愛媛県

      高知県

    九州
    • 福岡県

      佐賀県

      長崎県

      熊本県

      大分県

      宮崎県

      鹿児島県

      沖縄県

  TOPICS