「入境学」=「にゅうさかいがく」じゃない…?読めたらスゴイ!《北海道の地名》

[記事公開日]2020.9.02

「入境学」「音威子府」などなど…この難しい地名の読み方は分かりますか?これは北海道にある地名で、北海道にはほかにも難読地名がたくさんあります…!今回はそんな北海道の難読地名をご紹介していきますよ♪

「入境学」ってなんて読むの?

「入境学」は何と読むでしょうか!難しくて分からないですよね。これは「にこまない」と読むんです…!「煮込まない?」と思った方、違いますよ!この地名は北海道釧路郡釧路町大字仙鳳趾村にある地名です。こちらもまた長くて難しいですね…。この「入境学」はアイヌ語に由来しているんですよ♡

「音威子府」ってなんて読むの?

「音威子府」は何と読むか分かりますか?これは「おといねっぷ」と読みます…!この地名は北海道中川郡にあります。実は「音威子府村」は北海道で最も小さい村なんだとか…!村の約80%が森になっているということで、住める面積が少ないことが関係しているようです。

「倶知安」ってなんて読むの?

「倶知安」は何だか分かりますか?これは「くっちゃん」と読みます。これまた難しい読み方で分かる人は少ないのではないでしょうか。こちらもアイヌ語に由来していると言われていて、「クチャ・アン・ナイ(狩り小屋がある沢)」が変化してできたのではないかという説もあります。

「歯舞」ってなんて読むの?

「歯舞」は何て読むか分かりますか?「はまい」ではありませんよ♪この地名は「はぼまい」と読みます…!歯舞は北海道の本島ではなく、北海道の東端にある根室半島の沖合約50kmに点在している群島のことを指しています。根室市の一部とされているんですよ♪

「重蘭窮」ってなんて読むの?

「重蘭窮」は何て読むか分かりますか?これは「ちぷらんけうし」と読みます。この地名は難しすぎてなにがなんだか分かりませんね…!こちらもかつてはアイヌ民族が多く生活をしていたということで、アイヌ語から付けられたのではないかとされています。「重蘭窮」はとにかく読めない地名ですね…。

北海道の地名、読めたらかっこいい…!

北海道の地名はアイヌ語が関係していることも多く、読むのが難しい地名がたくさんあります…!そんな地名もサラッと読むことができたらとてもかっこいいかもしれませんよ♡

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事