「べびたっぴ」って一体なに…?!流行りの《JK用語》どれだけわかる?

[記事公開日]2020.8.27

今回は、現在流行っているJK用語を特集していきます!いつの時代も流行を作るJKたち...日々多くの言葉が作られていると思うと、そのクリエイティブさに脱帽してしまいますね。果たして私たちは、そんなJK用語をどれくらい理解できるのでしょうか?

べびたっぴ

『べびたっぴ』とは、大阪のアメ村にあるタピオカ店『ベビタピ』が由来なんだとか。このタピオカ店では、店員さんがストローを挿してタピオカドリンクを渡してくれるとき、「べびたっぴ!」と掛け声をかけてくれるそうです!エンターテインメント要素の混ざったサービスの提供がJKのな中で瞬く間に広がり、「べびたっぴ」単体で頻繁に使われるようになったんですね。

ぴえん

こちらは知っている方も多いのではないでしょうか?「ぴえーん」と泣いている様子を短くした言葉で、目のうるうるした顔文字と合わせて多く使われています。現代のスマホで使える絵文字は、本当に可愛く細かく作られていますよね。思わず使いたくなるのもわかります!

○○しか勝たん

「これが一番!」「これしかありえないでしょ」というニュアンスで使われる「○○しか勝たん」。たとえば、自分の好きな芸人さんを推すときに「霜降り明星しか勝たん」などと使うことができるそう。今や、自分の推しやお気に入りが比較的はっきりとわかるようになった時代。ほかの物や人物と差別化するためにも、新たな言葉が次々と生み出され、使用されていくんですね。

あたおか

『あたおか』=『あたまおかしい』という意味です。ここ最近大ブレイクしているお笑い第七世代の芸人さんを中心に使用されていたのがJKにも広まり、なんと2019年のインスタ流行語大賞で第1位を獲得しているんです!しかしこちらの流行語の発信源は、大阪で活躍する『見取り図』という芸人さん。ちょっとした気になるワードを拾って自分たちもたくさん使う!そんなJKたちのアンテナにも脱帽ですね。

これからも流行語に注目!

今回は、現役JKの中で使われている流行語をご紹介しました。いつの時代も楽しくコミカルな要素が詰まった流行語…たまに気にして見てみると、なんだかクスッと笑えてきませんか?ぜひ今後の流行語にも注目していきましょう!

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事