「石神井」=「いしかみい」…?見たことあるのに意外と読めない《東京の地名》

[記事公開日]2020.8.25

これなんて読むんだろう?と東京に住んでいる人でもわからない東京の地名ってありますよね。そこで今回は、東京にある意外と読めない地名をご紹介します。各地のおススメスポットやグルメ情報も一緒にご紹介するので、お出かけの参考にしてみてくださいね。

地元民に愛されるスポットが多数「石神井」

石神井は練馬区にある地域で、「しゃくじい」と読みます。西部線沿線にある石神井公園駅には、その名の通り石神井公園という大きな公園があり、春にはここでお花見を楽しむ方も多くいらっしゃいます。都心からは離れているので穴場のお花見スポットかもしれませんね。駅前にあるラーメン店「井の庄」は地元の方に人気のお店です。石神井に行った際はぜひ立ち寄ってみてください!

東京本土唯一の村「人里」

人里は東京本土唯一の村・檜原村の地名で「へんぼり」といいます。場所は奥多摩の方にあるのですが、都内とは思えないほど自然豊かで、ハイキングを楽しむ方もいます。また、毎年4月には「へんぼり枝垂桜」が人里バス停を覆いつくすほど咲き乱れます。標高が高く、都心よりも見ごろが遅くなることもあって、隠れた名所となっています。

変わったご利益の神社がある「廿里町」

八王子市にある廿里町は「とどりまち」と読みます。京都からの距離が100里あるといわれており、100里は中国式に十十里と書くことから、20をあらわす廿を使い「廿里」となったのが由来と言われています。歯痛を治すご利益があるという白山神社は八王子八十八景にも選ばれており、御朱印が毎月変わることでも知られています。パワースポット巡りが好きな方は1度訪れてみてはいかがですか?

アウトドアスポットがある「舎人」

足立区の舎人は「とねり」と読みます。足立区の日暮里と足立区の見沼代親水公園を結んでいる無人列車の日暮里・舎人ライナーが走っており、電車マニアからは人気スポットとなっています。舎人公園という大きめの公園もあり、季節の花々で通年楽しめますし、バーベキュー場やキャンプ場もあるので、アウトドア好きな方におススメのスポットです。

都内で休日を楽しんでみて♪

東京にある難読地名をご紹介しました。知っている地名はありましたか?それぞれ楽しめるスポットがたくさんありましたね。次のお休みの日には、気になる場所へ出かけてみてはいかがですか?

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事