「鼯」ってなんて読む…?かわいくて小さいアレ!《正しい読み方と意味》を解説!

[記事公開日]2020.8.20

「鼯」この漢字の読み方を知っていますか?実はこの漢字、ある動物のことを表しています。とってもかわいい動物ですよ♡今回はこの「鼯」という漢字の読み方や、生態をご紹介していきます♪

「鼯」ってなんて読むか知ってる?

「鼯」この漢字、見たことはありますか?全く見たことがないという方も多いですよね。しかし、よく見てみると「鼠」という漢字が入っています。このことからどんな動物か想像してみてください…!分かりましたか?正解は「ムササビ」でした♡「ムササビ」はクリっとした目をしていて、とってもかわいい動物ですよね♪ここからは「ムササビ」の生態などをご紹介していきますよ♡

「鼯」ってどんな生き物?

「鼯」は野生では約10年、動物園などでは15年ほど生きると言われています。体長はおよそ28cm~47cm、体重は700gから1300gと意外に大きいんです…!そして、なんと尻尾は体長と同じくらいの長さなんですよ♡ムササビはリスやモモンガの仲間で、リス科の動物です。夜行性で昼間は姿を見ることができません。

「ムササビ」と「モモンガ」の違いってなに?

「ムササビ」って、「モモンガ」と似ていて区別がつかない!と思っている方も多いのではないでしょうか?このふたつの動物は、どちらも空を飛ぶことができる哺乳類です。まず、ムササビとモモンガの大きな違いはその大きさです。ムササビは尾まで入れると全長約80cmになるのに対して、モモンガは全長およそ30cmと手のひらに乗るくらいのサイズです。目の大きさも、ムササビに比べるとモモンガの目はとても大きいです。そのため、ムササビとモモンガを並べてみるとかなり違いがありますよ♪

「鼯」はどこにいるの?

「鼯」は主に山に生息しています。しかし、ムササビによっては人が住んでいる住宅に姿を現すなど、人里に住んでいる場合もあるんだとか。住宅街でも、夜になると飛んでいる姿を見ることができるかもしれませんよ♡

「鼯」森にいるかわいい動物でした♡

「鼯」は主に森で暮らしているかわいい動物でしたね♡漢字はとっても難しいですが、動物園などに行ったときにムササビの漢字を知ってる!と言ってみると、周りからすごいと言われちゃうかも♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事