わかりやすいのも可愛いな♡男性がきゅんとする「彼女の可愛いウソ」4選

[記事公開日]2020.10.23

    「ウソ」をつくはことは、本来あまり好まれません。しかし恋愛中においては、男性が思わず「かわいい!」と思ってしまうような彼女のウソもあります。今回は、男性が思わずきゅんとする彼女のかわいいウソをご紹介します。

    男性がきゅんとする「彼女のかわいいウソ」とは?

    基本的に「ウソ」をつくことはいいものではありません。しかし、彼に良く思われたくてついてしまったウソであれば、かわいくてきゅんとくる男性も多いようです。では、一体どんなウソであれば男性にかわいいと思ってもらえるのでしょうか?今回は「彼女のかわいいウソ」を4つご紹介します。

    本当は眠たいのに「眠くないよ」

    彼氏とのドライブデートや思いっきり遊んだ後に、ついウトウトしてしまうこともありますよね。そんなとき、彼に寝ることを勧められても「眠たくないよ」とウソをついた経験はありませんか?そんな健気な態度に男性はときめいてしまいます。必死に眠気を隠そうとする姿にキュンとする男性も多いのです。

    嫉妬しているのに「やきもちは妬いてない!」

    彼が自分以外の女性と楽しく話をしていたり仲良くしているのを見ると、やきもちを妬いてしまうのは当然のことです。しかし、それを隠して「やきもちなんて妬いてないよ!」と強がった彼女のウソに、男性も思わずどきっとしてしまいます。また、少しだけ拗ねた感じで言うとさらにかわいいと思わせることができますよ。

    「もうお腹いっぱい」で小食を装う

    彼に大食いだと思われたくない女性は多いですよね。そして、まだ食べられるのに「もうお腹いっぱい!」とウソをついてしまうことも。しかし、そのウソは小食である自分を演出するものなので、男性はその言葉にキュンとしてしまいます。その後、彼女のお腹がグーッと鳴ってしまうと抱きしめたくなるほどかわいいですね。

    彼に合わせるために「私もソレ好き!」

    彼の趣味や好きな食べ物などを聞いた後、「私も同じ!」と話に合わせる女性がいます。実はそんなに興味のない場合でも、彼が好きだと言うならついつい自分も好きだと言ってしまう小さなウソです。自分と話を合わせるためについてくれたウソであるなら、男性側もかわいいなと思ってしまいますね。

    かわいいウソなら好感度アップ♡

    常にウソばかり言うと信用を失ってしまいます。しかし、程々にかわいいウソなら恋のスパイスになってくれますよ。ぜひ使ってみてくださいね♪

    ※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

    PICK UP

    ライフスタイルのピックアップ記事