「古文書」=「ふるぶんしょ」って読んでない?読めそうで読めない漢字4選

[記事公開日]2020.8.14

みなさん…!「古文書」ってなんて読むか知っていますか?この漢字、「ふるぶんしょ」って読んでいる方も多いのではないでしょうか。こんなふうに日本語には読めそうで読めない漢字がたくさんあります!今回はそんな難読漢字をご紹介していきますよ!

「古文書」ってなんて読むか知ってる?

「古文書」この漢字の読み方は分かりましたか?「ふるぶんしょ」「こぶんしょ」ではありませんよ…!「古文書」のただしい読み方は「こもんじょ」でした♪古文書とは歴史の認識のために使われる歴史資料のことですよね。「古い文書」の意味でも使われますが、歴史学上は「古記録」と区別されたりすることもあります。歴史の授業などの資料で出てくることも多いですが、「こぶんしょ」と読んでいたという方もいるのではないでしょうか…!

「所謂」はなんて読むの?

「所謂」この漢字はなんて読むか分かりますか?この言葉は、ニュースなどで聞くことが多い言葉です。正解は…「いわゆる」でした!耳にしたことはあるけど、漢字は見たことがないという方もいますよね。いわゆるという言葉の意味は、「みんなが言う言葉でいえば」「世間でいうところの」などの意味があります。「所」という漢字は「ところ」「しょ」などと読むことが一般的なので、読めない人が多いんだとか。

「転寝」は「てんね」?

「転寝」この漢字の読み方は分かりますか?これは「てんね」ではなく「うたたね」です!漢字の様子から、なんとなく予想することもできるかもしれませんが、この漢字も読めない人が結構多いんですよ…!転寝とは「寝るつもりはないのに眠くなってしまいうとうとしている様子」を表しています。間違った読み方としては、「ごろね」などがありますが、ごろねとは読みません…!

「湯婆」ってなんて読む?

「湯婆」この漢字の読み方はなんだかわかりますか?「ゆば」「ゆばあば」などと読んだ方は間違っていますよ…!この漢字は「たんぽ」と読みます…!この「湯婆」という漢字にもうひとつ「湯」をくっつけると「湯湯婆」となり、これは「ゆたんぽ」と読むんですよ♪

難しい読みの漢字はたくさんある…!

日本語には難しい漢字がたくさん存在していますよね…!そんな難読漢字も、ちょっとでも知っていれば周りから一目置かれちゃうかも♡

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事