「穿る」って何て読むの?読めたらスッキリ爽快な《難読漢字》3つ

[記事公開日]2020.7.29

日本語が母国語の私たちでも、読むのが難しい漢字ってたくさんありますよね。難しい漢字を読むことができたとき、「は〜スッキリ!」と気分爽快になりますよ♪そんな読めたらスッキリ爽快な難読漢字を、3つ紹介します!早速トライしてみてください♡

全部読めますか?難読漢字

今回紹介する難読漢字は、「穿る」・「与する」・「弁える」の3つです。みなさんはこの3つの漢字の読み方を知っていますか?1つずつ正解をお教えします!意味や使い方も合わせて紹介するので、読むことができた人やその意味がわかる人も、もう一度おさらいしておきましょう♪

「穿る」

「穿る」の読み方は、「ほじる」が正解です!“小さな穴をあける”または、“穴をつつくなどして、中のものをかき出す”という意味があります。耳掃除のことを「耳を穿る」といった言い方をする場合がありますよね。また、”細かいことを取り上げて執拗に追求する”という意味もあり、「過去の話を穿(ほじ)って聞かれた」という風に使うこともできます!

「与する」

「与する」の読み方は、「くみする」が正解です!「与える(あたえる)」という読み方で使うシーンが多い漢字ですよね。”仲間に加わる”や”同意する”という意味があります。たとえば、スポーツチームなどで「私は〇〇のチームに与(くみ)しています」というように使うことができます。“同意する”という意味では、「〇〇さんの意見に与(くみ)する」というように使うことができます。また、どの意見にも賛成ではない場合には、「どの意見にも与(くみ)しない」という使い方をします。

「弁える」

「弁える」の読み方は、「わきまえる」が正解です!「弁える(わきまえる)」には、”物事の違いを見分ける”や”弁別、区別する”という意味があります。たとえば職場とプライベートを区別することを、「公私を弁(わきま)える」と表現することができます。ほかにも、”物事の道理をよく知っている”という意味もあり、「礼儀を弁(わきま)えている」という風に、礼儀を知っていることを指すときに使うことができます!同じ読み方をする漢字で「辨える」という漢字があり、意味も「弁える」と同じになります。

読めたらスッキリ!あなたは何個読めましたか?

口語ではなんてことのない漢字でも、いざ文字で見てみると意外にも難読だったりしますよね。今回紹介した3つの漢字は、普段の会話でも聞くことがあるのではないでしょうか。ぜひこの機会に覚えてみてくださいね♪

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事