なぜなんだ!男性がどうしても「元カノを忘れられない」瞬間4選

[記事公開日]2020.7.28

気持ちの切り替えが上手な女性と違って、男性は昔付き合っていた女性のことをなかなか忘れられない…。「どうして」と男性でも感じるほど、元カノが頭から離れない瞬間があるんです。チェックしておきたい、その瞬間とは一体どんなときなのでしょうか?

①元カノの香りがしたとき

記憶に一番残ると言われているのは、「香り」なんです!それは香水に限ったことではなく、シャンプーの香りやハンドクリームの香りなど、日常のいろいろなところに潜んでいるもの…。新しい女性と真剣にお付き合いをしている男性の場合でも、本人の意識とは関係なくその「香り」によって元カノの存在が引き戻されます。いい思い出の場合も悪い思い出の場合も関係なく、ただふんわりと元カノが頭に浮かびます。これは女性のみなさんでも経験したことがある人もいるのではないでしょうか?

②今の彼女と比べてしまうとき

終わってしまったことは、嫌な気持ちが消え去っていい思い出だけが残ります。女性のみなさんにとっては辛いですが、男性は元カノと今の彼女を比べてしまいがち。そんなときに、「元カノはこうだったな」「元カノと同じだな」という風に、元カノのことが頭をよぎります。とくに元カノが理想的な女性だった場合、今自分に足りていないものを元カノに感じると「元カノがいれば…」と無意識に思ってしまうんです。

③思い出の場所に行ったとき

元カノと喧嘩した場所や、楽しく2人でデートした場所…。そのつもりでその場所に行ったわけではなくても、実際に風景を目にすると頭に浮かぶのは元カノのことです。未練がある男性なら、無意識にその場所へ向かってしまったのかもしれませんね。場所と記憶は繋がっているので、それまですっかり頭になかった元カノのことが頭によぎり、「なぜ?」と男性本人も驚くことがあるみたいです。

④元カノが好きなものを見つけたとき

長くお付き合いをしていた2人なら、彼女が好きだからと手土産やプレゼントを日頃からチェックする癖がついています。もうお付き合いしていない相手でも、日常的にやっていたことはなかなか抜けません。たとえばレストランのメニューで、元カノが好きだった食べ物があるとついそれを見てしまいます。「あいつならこれを頼むだろうな」と何となく考えてしまいます。

忘れられない!男性がそう思う瞬間

日常の些細なことでも、前にお付き合いしていた人を連想させるヒントはたくさん転がっているんです。未練がある場合もない場合も、男性は無意識に元カノが頭によぎってしまうものなんです。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事