この意味って何?SNSでよく見る英語の略語4選

[記事公開日]2020.7.21

    海外のSNSや英語ができる友達のメールに、暗号のような意味が分からない文字が書いてあるのを見たことありませんか?聞くのは恥ずかしい、調べるのも面倒…そんな人へ。よく見る英語の略語を、ピックアップしてご紹介します。意味がわかるとスッキリするはず!

    thx=ありがとう

    略語はスペルが長い単語や、長いフレーズを短くするときに使います。理由は入力する側も読む方も、手間が省けて単純に便利だから。英語でよく見る「Mr.」も「Mister」の略語なんです。日常的によく使われているのは、「thx」。これは「thanks=ありがとう」の略語で、「thx(サンクス)」と読みます。日本語で「ありがとう」を「どーも」とラフな言い方をするのと、同じようなニュアンスです。「thx」のほかに、「thank you」の頭文字を取った「ty」を使う人もいます。

    xoxo=キスとハグ

    「xoxo」は、「hugs and kisses(ハグとキス)」という意味です。「x=キス」、「o=ハグ」を表していて、親しい友人・恋人・家族に対して、愛情表現をするときに使う略語になります。「♡」の絵文字のように、メッセージの最後に「xoxo」を置くのが基本です。同じように愛情を伝えるときは、「luv」もよく使われます。これは「love」の略語で、「I love you」=「i luv u」のような使い方をします。

    lol=(笑)・www

    「lol」は、「laugh out loud」や「laughing out loud」の略語です。「lol」は、日本語で「(笑)」や「w(わら・笑)」と同じような感覚で使います。言葉ではなく、感情を表現するための記号の1つなので、読み方はありません。「www」のように繋げるときは、「lol」も「lololol」となります。「lol」ではなく、笑い声を英語にした「haha」を使う人も増えています。

    OMG=やばい!まじか!

    「OMG」は、「Oh my God」の略語で、日本語にすると「なんてことだ!」という意味です。驚いたり感動したり、怒ったり、激しい感情を表現するときに、色んな場面で使うことができます。「OMG」は、メッセージの始めか終わりに置くことが多く、日本語でいう「まじか!」「やばい!」と同じような感覚で使います。

    これでスッキリ!

    略語の意味がわかると、SNSやメールのメッセージを読むのがもっと楽しくなるはず!日本でもよく使われている言葉の略語なので、この機会にぜひ覚えてみてくださいね。

    ※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

    PICK UP

    ライフスタイルのピックアップ記事