「地名駅」の読み方、わかる?「ちめい」じゃないんです

[記事公開日]2020.7.17

突然ですがみなさんは、「地名駅」を正しく読むことができますか?「ちめいじゃないの?」と思った方...それは間違いですよ!今回はそんな「地名駅」の正しい読み方と、その詳しい意味に迫ってみたいと思います。ぜひ正しい知識をアップデートしましょう!

気になる地名駅の読み方とは?

「地名駅」は、「じなえき」と読みます。「ちめい」や「ちな」というように、勘違いしていたという方も多いのではないでしょうか?ぜひ本記事で正しい読み方を覚えていってくださいね。次の項目から、そんな「地名駅」の詳しい情報や特徴などにも迫っていきますよ。

地名駅はどこにあるの?

地名駅は、静岡県榛原郡川根本町にある駅になります。主に大井川本線が通り、列車のすれ違いもできる仕様なのが特徴です。川根本町と言えば、大間ダムと湖にかかる夢の吊り橋が有名ですよね。静かで穏やかな水面の湖は、静岡の自然豊かな情景そのものと言えます。

地名駅はどのくらいの規模?

地名駅は基本的に無人駅ですが、向かいにあるタバコ屋で乗車券を購入することも可能なんだそう。昔ながらの静かな風景と簡易的な委託駅も、日本の田舎らしくていいですよね。都内からもそこまで遠くないため、気分転換にふらりと遊びに行けそうです。

駅周辺に日本一短いトンネルがある?

地名駅の周辺には、日本一短いトンネルがあるんです。現在そのトンネルは使用されていませんが、すぐ横には「日本一短いトンネル?」と記された看板が立っているようなので、どこにあるかはすぐ確認できそうです。ただ「?」のマークがあるため、その事実はしっかりと確認されていないようですね。

知識を入れ替えよう!

今回は「地名駅」の読み方や駅の特徴、周辺の情報などを調査しました。漢字は、その場所や文字の成り立ち・歴史を知ることで、より頭に定着することがわかっています。ぜひ新しい情報をアップデートするときは、漢字以外の情報と絡めて学んでみてくださいね。きっと新たな発見や学びが見つかりますよ。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事