何が違うか説明できる?「古着」と「ヴィンテージ」の差は〇〇かどうか

[記事公開日]2020.6.30

古着とヴィンテージってどちらも良く耳にする言葉ですが、その違いってうまく説明できないですよね。 「古着」と「ヴィンテージ」には明らかな違いがあります。 具体的には何が違うのでしょうか?「古着」と「ヴィンテージ」の違いについて解説します。

古着とヴィンテージの超えられない差

まず「古着」と「ヴィンテージ」の意味について確認してみましょう。

「古着」とは、「一度誰かが着たもの」を指します。

一方ヴィンテージとは、「年代物でその価値や質が高いもの」のことを言います。

車など、いいものは長い年月を経ても尚評価され続けますが、それと同じように洋服も価値のあるものは高く評価され続けるのです。

ヴィンテージのニュアンスとは

「ヴィンテージ」は洋服だけではなく、ワインなどにも使われます。

ワインはその年の気候やブドウの質などにより品質が大きく左右されます。

同じように手間隙かけて作られても、その出来はいろいろな要素により価値が変わってくるのです。

そのニュアンスからいうと、ヴィンテージとは「その年代でしか作ることのできない貴重なもの」という意味合いがあります。

古着のヴィンテージの定義

先ほどヴィンテージのニュアンスについて解説しましたが、古着におけるヴィンテージの定義について見てみましょう。

洋服はその年代により裁縫の仕方などが異なり、「その年代でしか作られていないやり方」で作られています。

手作業で手間隙かけて作られたものは年代を経ても価値があります。

むしろ大量生産が当たり前になった現代においてヴィンテージの洋服の価値は、評価され続けているのでしょう。

希少だからこそ価値がある

手間をかけて作ったものは、どうしても生産数が限られてきます。

それに加えて保存状態などにより品質は大きく異なってくるでしょう。

そのためヴィンテージものは、古いものこそ希少価値があるとされています。

いい保存状態の物を探すのは年代が古くなるほど難しいのが現状です。

「古着」と「ヴィンテージ」の差は価値があるかどうか

古着とヴィンテージの差は「価値があるかどうか」です。

一度誰かが着た物はそのときに古着になりますが、その中でも価値のあるものはヴィンテージと称されます。

その違いをしっかりと理解すると、洋服に対するイメージも変わるのではないでしょうか。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事