鶏皮ぎょうざおろしポン酢

《業務スーパー》鶏皮ぎょうざが人気♪美味しい焼き方やアレンジレシピを紹介

[記事公開日]2020.7.01
[最終更新日]2020.10.06

家飲みのお助けアイテムのひとつ「餃子」ですが、鶏皮で包まれた餃子はお惣菜やさんでも、めったにお目にかからないですよね?!業務スーパーには、お酒のおつまみにも、おかずにもなると評判の「鶏皮ぎょうざ」があるんです!

餡ぎっしりの「鶏皮ぎょうざ」は1袋500g入り!

鶏皮ぎょうざパッケージ

「鶏皮ぎょうざ」 548円(税抜)/1袋(500g)

厚めの鶏皮で包まれ、鶏むね肉と野菜の餡がぎっしりと詰まった冷凍餃子です。

鶏皮ぎょうざの中身

1個8cm前後のものが20個入っていました!個数にはバラつきがあるみたいです。サイズも気にならなかったので、20個入りはお得♡

気になるカロリーは?

鶏皮ぎょうざのカロリー

100gあたりのカロリーは349kcal!鶏皮で包まれているだけあって少しお高めです。今回は20個入りだったので、単純計算で1個25gとすると、4個食べたら100gですね…

5分揚げて少し待ったらできあがり♡

パッケージ記載の調理方法「170℃の油で凍ったままの鶏皮ぎょうざを4個あたり5分揚げ、油を切りながら余熱で火を通す」で調理してみました。

鶏皮ぎょうざをパッケージ通りに調理

鶏皮ぎょうざを揚げた時の中身

外皮はパリッと仕上がりました♪餡が詰まっているところの皮はパリッというよりは弾力があり、噛むと肉汁がじゅわっと出てきます。袋を開封した瞬間に、餃子らしいにんにくの香りがふわっとしましたが、味もしっかりと下味がついた餃子の味でした。

フライパンで調理してみた!

フライパンの底が隠れるくらいのたっぷりのごま油を敷き、冷凍のままの鶏皮ぎょうざを炒め揚げにしてみました。焦げ目がついたら裏返し、蓋をして2分蒸し焼きに。更に転がして焦げ目がない面を下にして蒸し焼き2分。これを繰り返し、全体的に焦げ目がついたら火からおろし、油を切りながら余熱で火を通す、といった感じです。8分から10分くらい焼きました。

鶏皮ぎょうざを炒め揚げしてみた

鶏皮ぎょうざの炒め揚げ 中身

外皮のパリッと感は揚げた方がありましたが、フライパンでもできました!ほとんど差はありませんが、ほんの少し、見た目に鶏皮感が現われるかな?と…

おろしポン酢でさっぱりと♡

鶏皮ぎょうざおろしポン酢

下味がしっかりついているので、そのままでもおいしく食べられますが、少し飽きてきたらタレで味変するのもおすすめです。酢醤油もいいですが、さっぱりとおろしポン酢で食べるのも◎

酸っぱ辛い!やみつきになるおいしさ♪

今度は揚げずに、茹でて鶏皮の脂を少し落としてから調理してみました。辛いのが好きな人には試してほしい!酸っぱ辛い味付けが、鶏皮のぷるんとした食感と餃子にマッチします♡

作り方

1)鍋にお湯を沸かし、沸騰したら鶏皮ぎょうざを4から5個入れ5分ほど茹でる。

2)耐熱皿に酢・大さじ4,豆板醤・小さじ1、酒・小さじ1、ごま油・小さじ1を入れ混ぜ合わせる。

3)1で茹でた鶏皮ぎょうざの水気を切り、2の中へ入れて絡ませる。

4)ラップをふんわりとかけ500Wの電子レンジで4分ほど加熱する。

耐熱皿ではなく、アルミホイル&オーブントースターでもOKです。1200Wで15分〜20分加熱。アルミホイルは2重にした方がおすすめです。

「鶏皮ぎょうざ」で居酒屋気分を味わおう♪

業務スーパー鶏皮ぎょうざのピリ辛アレンジ

お店の味を自宅で♡業務スーパーの「鶏皮ぎょうざ」を使って、自宅で手軽に居酒屋気分を味わっちゃいましょう♪

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事