実は微妙にちがう!「リンス」「コンディショナー」「トリートメント」の差って?

[記事公開日]2020.6.12

ドラッグストアで目にする「リンス」と「コンディショナー」と「トリートメント」。あなたはこれら3つの違いを知っていますか?どれも似たようなものでしょ…と思っている人はちょっと待ってください!実はそれぞれ役割が異なるんです。

リンスとは?

リンスは髪の表面をなめらかにする役割があります。髪のすべりもよくなるので、キューティクルの傷みを防いでパサつきにくくします。最近では、髪の傷みを補修するトリートメントのような効果がある高機能なリンスも発売されています。

コンディショナーとは?

コンディショナーは、リンスと同じように髪の表面をコーティングし、髪のうるおいをキープする役割があります。「リンスと同じ役割を果たすなら、なぜ呼び名が違うの?」と思いますよね。それは”リンスとコンディショナーでは効力の強さが違うから”です。より効力が強いのがコンディショナーと呼ばれています。

トリートメントとは?

トリートメントは髪の表面を整えて内部に成分を浸透させ、髪の状態を整える役割があります。髪の傷みをケアしたり、髪の質感を調整するものもあります。トリートメントは髪に必要な栄養をカバーしながら、健康的な髪に導く効果があるので、「髪の痛みがひどすぎてバシバシ…」という人は、トリートメントを使うことをおすすめします。トリートメントの効果を十分発揮させるには、塗布後に10分程度浸透させると効果的です◎

トリートメントの正しい使い方

シャンプー後にそのまますぐトリートメントを塗っている人はいませんか?トリートメントを塗る前は、かならず髪の水気を切るようにしましょう。水気が残ったままだと、トリートメントが薄まって効果が半減するためです。また、トリートメントは髪の毛の中間から毛先につけるようにしてください。間違っても髪の根元にはつけないようにしましょう。なぜならトリートメントを根本につけてしまうと毛穴が詰まってしまい、髪がペタンとなりやすくなるからです。

それぞれの違いを正しく理解しよう!

「リンス」・「コンディショナー」・「トリートメント」。似ているようで、実は役割に違いがあることを理解できましたか?それぞれの目的をしっかり学んで、正しく使うようにしましょうね♪

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事