人生が豊かになる!ポジティブになれる習慣4選

[記事公開日]2020.6.08

人は誰しも、明るくポジティブでいたいですよね♪「うまくいかない日が続く…」「すぐ落ち込んでしまう…」そんな気持ちになってしまうのも仕方ありません。ですが、ちょっとした習慣で前向きな気持ちになれちゃいますよ!

①毎日に感謝する

寝る前にお布団の中で「今日もありがとう」と言うだけで、毎日に対する考え方が知らず知らずのうちに変わります…!朝目覚めることに感謝、足元の小さな幸せに目を向けることが、人生を豊かにするポイント◎。気分がよくないときや、落ち込んでいるとき程そういった気持ちが薄れてしまいます。人間関係を築くのにも、相手に感謝の気持ちを伝えるかどうかで全然違ってきますよ!

②マイナス発言をしない

「しんどい」「腹が立つ」「だるい」などのマイナスな発言をすることで、更にそのムードに落ちていってしまいます。反対に、「元気」「楽しい」「気分がいい」と口にすれば、気分がよくないときでも明るい気持ちになってきます!”心と言動は一致している”と言いますが、それは本当です。心がネガティブになってしまっているとき程、ポジティブなシーンでする言動をとってみましょう!

③他人と自分を比べない

他人は他人、自分は自分とわかっていてもなかなか難しい…。それでもやはり、「あの人はできるのに私はできない」と他人と比べてしまっては、気分が落ち込んでしまいます。人には短所と長所があるので、みなさんも他人よりできないことがあっても、他人よりもできることがあるはずです!なるべく比べないようにしたいですが、どうしても比べて考えてしまう場合は、「でも私にはこれがある!」と考えに付け加えてみてください♪

④規則正しい生活にする

みなさんは、睡眠時間や3食の食事をしっかりとっていますか?実は、日常生活をどう送るかは、心の状態にとても影響を与えるんです!睡眠時間があまりとれていない、とっていても寝る時間と起きる時間がバラバラ…。そんな状態のとき、人はネガティブな気持ちになってしまいます。食事をしっかりとれていない場合も、気分がスッキリしない原因に。何気ないことですが、まずは規則正しい生活を心掛けてみましょう!

ちょっとした習慣で♪ポジティブライフを送ろう

日常的な小さい習慣で、前向きで明るい気持ちになることができます!気持ちが比例していなくても、言動を意識するだけでおのずと気持ちも付いてきてくれますよ。

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

PICK UP

ライフスタイルのピックアップ記事