スポンサーリンク

LIFESTYLE

2020.6.05

社会人なら間違えたくないテーブルマナー4つ!知らないと恥をかくかも…?

社会人になると増える上司や取引先の人との会食…。そんな大切な場面ではマナー違反は命取り。今回は社会人の知っておきたいテーブルマナーを確認していきますよ♪知っている人もそうでない人も確認してみてくださいね♡
スポンサーリンク

社会人のテーブルマナーは身についてる?

上司などと食事をする際、気になるのがテーブルマナー。しっかり頭に入っていないと、何となく自身がないようすが相手にも伝わってしまいます。さらに、相手に失礼なことをしてしまっては自分の信用にもかかわってくるかもしれません。そんなことにならないよう、最低限のテーブルマナーを今回はご紹介していきますよ♡しっかりと頭に入れて、自信をもってできるように身に付けましょう♪

(1)上座と下座は間違えないように注意

知らないとやりがちな大きな間違いは「座る位置」これはテーブルマナーではもちろん、会議などでも必要なマナーです。上座とは、1番安全・快適に過ごせる場所のことを意味しています。そのため、目上の人と食事をするときは、入り口から離れている席が上座に。入口に対して縦に席が並んでいるときは、左側の一番奥が上座になります!

スポンサーリンク

(2)乾杯は目上の人より低い位置で

お食事の前にすることのおおい乾杯。そんな乾杯にも注意する点があります。それは乾杯の高さ。乾杯をするときには目上の人よりグラスの位置を高くしないように注意しましょう。勢いよく乾杯をしようとすると高くなってしまうこともあるので相手がどのくらいの位置なのかを把握しながらやさしく乾杯をしてくださいね♪

(3)ナイフとフォークは外側から使う

フランス料理などをいただくときはナイフとフォークが並べてありますよね。このときどこから使うのか迷う人も多いですが、これは外側から使うのが正解。ナイフとフォークの間に横になっている小さなスプーンやフォークはデザート用です♪

(4)食事のスピードはまわりに合わせる

食事をするうえでとくに気を付けたいのはスピード。いくらお腹がすいていても、相手よりはるかに早く食べ終わるのはNGです。逆にすごく時間をかけて相手を待たせてしまうのも失礼になってしまいます。できるだけスピ―ドを合わせてみて。

正しいテーブルマナーで充実した会食に♡

意外と難しいテーブルマナー。今回は社会人として最低限は知っておきたいマナーをご紹介しました。会食などがある前は、サラっとおさらいをしておくのがおすすめですよ♪

※本文中に第三者の画像が使用されている場合、投稿主様より掲載許諾をいただいています。

夏物も2,000円以下まで値下げ…!?売り切れ前に買うべき《GU》アイテムまとめ